ここから本文です

【フェブラリーSの見どころ】南関東からも強豪が参戦 今年最初のJRA・GI

2/23(日) 7:01配信

netkeiba.com

 2020年最初のJRA・GI、フェブラリーS。中央と南関東から有力馬が集結した注目の一戦。出走する主な有力馬は以下の通り。

【写真】インティこれまでの軌跡

■2/23(日) フェブラリーS(4歳上・GI・東京ダ1600m)

 インティ(牡6、栗東・野中賢二厩舎)は昨年の本レースを逃げ切りV。それ以降は勝ち星から遠ざかっているが、ここ2走はチャンピオンズCを正攻法の競馬で3着、東海Sで58kgを背負いながら控える競馬に対応して3着と上々の走りを続けている。2014・15年のコパノリッキーに続く史上2頭目の連覇達成なるか。

 モズアスコット(牡6、栗東・矢作芳人厩舎)は前走初ダートの根岸Sを、出負けをものともせず差し切り完勝。2018年の安田記念以来となる勝利を飾った。非常にレベルの高い内容だっただけに、ここでも勝ち負けの期待を持てるだろう。制すれば、史上5頭目※の芝ダート両GI制覇となる。

 アルクトス(牡5、美浦・栗田徹厩舎)は昨年プロキオンSを制し、続くマイルCS南部杯でも2着と活躍。今回は4か月半ぶりの休み明けとなるが、中間の調整は順調。また、東京ダートマイルはこれまで4戦4勝という絶好の条件だ。戴冠のチャンスは十分にあるだろう。

 その他、一昨年の覇者で、前走の東京大賞典でも2着と好走したノンコノユメ(セ8、大井・荒山勝徳厩舎)、昨年のマイルCS南部杯覇者サンライズノヴァ(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)、前走東海Sで2着のヴェンジェンス(牡7、栗東・大根田裕之厩舎)、東京大賞典で3着のモジアナフレイバー(牡5、大井・福永敏厩舎)、昨年のユニコーンS覇者ワイドファラオ(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)、前走川崎記念で3着のデルマルーヴル(牡4、美浦・戸田博文厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

※ダートグレードの格付けが始まった1997年4月以降

最終更新:2/23(日) 7:01
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事