ここから本文です

往年ミューズに学ぶ、永遠の定番“白シャツ”着こなし術

2/23(日) 15:00配信

ELLE ONLINE

通勤から休日まで、オンオフ問わずマルチに活躍する不動の名品アイテム「白シャツ」。ワードローブの定番アイテムだからこそ、ディテールや素材、デザイン性までじっくりと目利きしたいもの。 今でも色あせない往年のファッションミューズから、定番アイテムの着こなし術を拝見。

【写真】白シャツ戦線に異常あり。海外セレブの相棒シャツ&コーデ術

ジェーン・バーキン

1970年に撮影されたジェーン・バーキンとセルジュ・ゲンズブールのカット。ジェーンは洗いざらしの白シャツをショートパンツにINして、ラフに着崩して。バカンススタイルとしても真似したいノンシャランなコーディネート。

フランソワーズ・アルディ

こなれたBFシャツの着こなしならフランソワーズ・アルディをマーク。袖はラフにロールアップして、メンズライクなシャツに合わせるアクセサリーは華奢なブレスレットと、甘辛バランスが絶妙。写真はジャン=ダニエル・ポレ監督の映画『Une balle au coeur』(1965年)でのワンシーンで、共演は仏人俳優のサミ・フレー。

パティ・スミス

アルバム『ホーセス』(1975年)で見せたパティ・スミスのジェンダーレスなルックは、白シャツスタイルの殿堂入り。少し大きめのシャツにナロースカーフをラフにアレンジして、シャツの裾は前だけラフにタックインと、今でもまったく色あせないスタイリングの妙にあっぱれ。

ローレン・バコール

ベーシックな白シャツをロングスカートと合わせたクラシカルなローレン・バコールのルック。白シャツをロールアップしたり、ベルトやレースアップサンダルなど小物使いのディテールでぐっとこなれて見せた好例。

最終更新:2/23(日) 15:00
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事