ここから本文です

主審の態度にイラつき…レアルDFセルヒオ・ラモス&DFカルバハルが不満

2/23(日) 12:45配信

超WORLDサッカー!

レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとDFダニエル・カルバハルが怒りを露わにした。

【動画】選手、そして監督としてジダンが挑んだクラシコ

マドリーは22日、ラ・リーガ第25節でレバンテと対戦。79分にホセ・モラレスにゴールを許し、1-0で破れ首位の座を明け渡していた。

しかし、この試合を裁いたアレハンドロ・エルナンデス主審に対し、セルヒオ・ラモスとカルバハルが不満を露わに。試合後のインタビューで怒りを打ち明けた。

セルヒオ・ラモスはスペイン『エル・チリンギートTV』に対し「過去に、審判はどのように試合をプレーするかの教育を受けているはずだ。でも、今は審判と話すことができない」とコメント。主審についても「エルナンデスに対して、個人的に問題あるかどうかを尋ねたけど、彼はそれを好まなかった」と語り、取り合ってもらえないことを明かした。

また、カルバハルはスペイン『モビスター』のインタビューに応え「審判は、もはや彼らがゲームで笛を吹くことになっていると思っていない」と苦言。「今、僕たちはレフェリーとVARの決定に従わなければならない」と語り、2つの判定に従う今の状況を憂いた。

超WORLDサッカー!

最終更新:2/26(水) 15:46
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ