ここから本文です

鷹・工藤監督、大勝発進にご満悦「いい成果出た」 周東3安打、リチャード3戦連発特大弾

2/23(日) 16:44配信

Full-Count

リチャードの本塁打には驚愕「凄い打球だった。アッという間に飛んで行った」

■ソフトバンク 10-4 オリックス(オープン戦・23日・SOKKEN)

 ソフトバンクは23日、SOKKENスタジアムでオリックスと今キャンプ初のオープン戦を戦い、10-4で大勝した。周東がチームオープン戦初アーチを含む3安打、育成選手のリチャードが紅白戦、B組練習試合に続く3試合連続本塁打と若鷹が活躍。工藤公康監督は「若い子たちが元気を出してハッスルしてできたのは、キャンプからやってきたいい成果が出たのかなと思います」とご満悦だった。

【動画】「育成のバッティングじゃねぇ」 育成リチャードが放った実戦初本塁打は左中間への豪快弾

 3回に連打でチャンスを作ると周東がチームオープン戦初本塁打となる3ランを放って先制。この回さらに2点を加えると、5回にも周東が右前安打で口火を切り5安打を集中させて5得点を奪った。周東は初回にも三塁打を放ち、この日3安打。二塁のレギュラーを狙う周東の活躍に指揮官は「ずっと取り組んできた成果が出ているんじゃないかと思う」と成長ぶりに目を見張った。

 8回には期待の育成リチャードにも特大のソロ本塁打が飛び出した。リチャードは20日の紅白戦、22日のB組練習試合でも本塁打を放っており、3試合連続本塁打。これには指揮官も「凄い打球だったね。アッという間に飛んで行った。素晴らしい打球だった」と大絶賛だった。

 投手陣でも、先発の東浜が最速150キロをマークし、3回を投げて1安打無失点と好投。開幕ローテ入りに大きく前進。2番手の古谷が2回6四球と大乱調だったが、3番手の尾形は3回を1安打無失点と好投した。指揮官は「(東浜は)ボールの強さも速さもあった。実績ある投手なので、自信が湧いてくれば勝ってくれる投手」と信頼を口にしていた。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

最終更新:2/23(日) 16:44
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ