ここから本文です

今夜チャイニーズタイペイ戦、金丸晃輔に訪れた千載一遇のチャンス「ギア上げて全開で行きます」

2/24(月) 13:25配信

バスケット・カウント

「代表では3ポイントシュートだけを求められている」

文=鈴木健一郎

金丸晃輔は今夜、久しぶりに日本代表の一員としてプレーする。長谷川健志ヘッドコーチ時代、リオ五輪に向けた世界最終予選のメンバー12人の選考で、ケガの影響があり最後の最後で外れたのが2016年の夏。その後、代表合宿に参加することはあっても試合登録のメンバーに入ることはなく、昨年のワールドカップに向けた一連の予選では一度も出場していない。

これまで試しもしなかった金丸をこのタイミングで招集したのは、ワールドカップで3ポイントシュートで得点が奪えず、逆にやられるばかりだった現実があり、東京オリンピックまでに修正するには彼しかいない、との考えからだろう。昨年のワールドカップに参加した選手の中で純粋なシューターは安藤周人だけ。八村塁のドライブを攻撃の軸に据えたが、3ポイントシュートが打てない、決められないために相手ディフェンスは八村への対応が容易となった。今回のアジアカップ予選に限らずオリンピックでも、BリーグでもNo.1の金丸のシュート力は必要となってくる。

ただ、代表のプレースタイルを金丸に合わせるわけにはいかない。日本代表のスタイルに金丸が合わせるのが前提だ。彼自身もそれは十分に理解している。

「三河と同じようにはできません。代表では本当に3ポイントシュートだけを求められていると言ってもいいぐらい。空いたら打つことを練習からずっと言われています。僕が出ている時間帯は3ポイントシュートが欲しい、そういう狙いで出させてもらうので、そこは気持ちをブラさずにやっていこうと思っています」

今回は金丸、安藤がメンバーに入り、辻直人が外れた。フリオ・ラマスは「3人ともすごく調子が良かったが、特にこの2人が良い感じでやっていた」とシンプルに今の調子から判断したと明かしている。代表から遠ざかっていた金丸にとっては、オリンピックを前に千載一遇のチャンスがやって来た。

「たかぶるっていうか、期待に応えたい」

前日練習でメディアに公開されたシューティングでは、チームメートとともにリラックスした表情でシュートを打ち込む金丸の姿が見られた。それでも金丸は「今は平常心ですけど、明日はギア上げて全開で行かないといけない。やっぱり国際大会で、普段やっている試合よりレベルが高いのは明らかなので。気を引き締めてやります」と気合い十分だ。

去年のワールドカップで日本代表が大敗を喫し、夏にはオリンピックを控えていることで、金丸にも感じるものはある。

「ワールドカップに僕がいたとしても、簡単には3ポイントは打てないだろうとは思いました。ワールドカップとなると世界のレベルが高い選手たちが集まるわけで、シュートどころかボールも持たせてもらえないような状況になるとは見ていて思いましたね。その中で確率良くシュートを決めていくには、やっぱり強靭なメンタルが必要だと思います」

日本代表が急ピッチで実力を伸ばし、世界の強豪と同じ舞台に立つようになる中、金丸も自分のスタンダードを上げつつそこに合わせていく覚悟だ。

「自由に行くよりはチームのシステムの中でフリーな状況でパスが来て打つ、あとはシューターのフォーメーションがいくつかあるので、それで上手く打つかのどちらかですね。あとはアーリーで空いたら打つ感じです。ノーマークだったら打って良い、シュートを狙えと言われています。ノーマークじゃなかったら次の展開を作るのがチームの方針です。逆に打てるのに打たないのが一番ダメですね」

シーホース三河で見せている多彩なシュートバリエーション、相手のディフェンスを読んで自らクリエイトするようなプレーは、日本代表では封印せざるを得ないのかもしれない。ただ、シュートの技術、強気で打っていくメンタルという部分で金丸への期待は大きい。関係者やファンの中にも『金丸待望論』は存在する。そう問いかけると金丸は彼らしく少しはにかみながら、「たかぶるっていうか、期待に応えたいなっていうのはあります」と答えた。

久々の日本代表での公式戦、金丸晃輔はどんなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。

バスケット・カウント

最終更新:2/24(月) 13:25
バスケット・カウント

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ