ここから本文です

<相棒18>第17話 右京が指切り男の事件を捜査 亘は“平成の毒婦”と接触し… 

2/26(水) 12:05配信

MANTANWEB

 人気刑事ドラマ「相棒」のシーズン18(テレビ朝日系、水曜午後9時)第17話「いびつな真珠の女」が2月26日に放送される。指が切断された絞殺体が発見され、杉下右京(水谷豊さん)が捜査に乗り出す。冠城亘(反町隆史さん)は“平成の毒婦”と呼ばれた連続殺人犯・遠峰小夜子(西田尚美さん)と接触、気付かぬうちにその術中にはまっていく。 

【写真特集】“平成の毒婦”に翻弄される冠城… 驚きの第17話のカットを先行公開

 郊外の空地で両手の親指が切断された女性の絞殺体が発見される。犯行手口から、捜査1課は、過去に2人を殺害した指切り男が2年ぶりに現れたと警戒を強める。遺体の喉の奥に「バロックパール」と呼ばれるいびつな形の真珠が発見され、右京は不審に思う。

 亘は弁護士の連城建彦(松尾諭さん)から突然、「会いたがっている人がいる」との連絡を受ける。指定された場所は東京拘置所。待っていたのは、“平成の毒婦”と呼ばれた未決囚の連続殺人犯・小夜子だった。小夜子はかつて刑務所にいながら人心を操り、右京さえ翻弄(ほんろう)した危険な存在。亘は最大限の警戒をしながら相対するが、彼女が口にしたのは、思ってもみないことだった。

 人の顔を覚える相貌認識能力に長(た)ける小夜子は、女性の指に異常な執着を持つ男が知人の中にいたと言う。亘の大切な人が行方不明になる夢を見たとも言い、話したことは右京には内緒との条件を付ける。

 亘は以前、事件を通じて知り合ったキッチンカー店主・新崎芽依(朝倉あきさん)から久々にメールが来たものの、その後、連絡が途絶えてしまった件に小夜子が関わっているのではないかと感じていたが、はぐらかされるばかり。

 指切り事件を調べていた右京は、その周辺に真珠につながる話がいくつも出てくることに理由があるのではと推理し……。脚本は山本むつみさん、監督は権野元さん。

 「相棒」は、警視庁の窓際部署「特命係」のキャリア警部・右京がその天才的頭脳で推理し、相棒と共に難事件を解決するドラマ。

最終更新:2/26(水) 15:19
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ