ここから本文です

都会人が「住みたい街ランキング」を必要以上に気にする理由

2/24(月) 7:30配信

アーバン ライフ メトロ

人気コンテンツとなる「街」

 インターネット上で、「住みたい街ランキング」やそれに類する情報を定期的に見かけるようになってずいぶんたちました。

【あなたの街は何位?】「2020年 首都圏版LIFULL HOME'S 住みたい街ランキング」の結果を見る

「私の住んでいる街はランキングに入っているかな?」
「これから住もうと思っているあの街は何位だろう?」

 もちろん、自分が住む街が入っていればうれしいことでしょう。逆に、

「なぜあんな街がいつも上位に入っているのか?」
「なぜ私が住む街は入っていないのか?」

と疑問や不満をもつ人もいるはずです。

 最近では『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』(講談社)という漫画がドラマ化され、街というテーマやそのランキングが注目されています。

なぜ街の序列は「定番コンテンツ」となったのか

 しかし、なぜランキングという形で街に「序列」をつけるのでしょうか。

「住めば都」とはよくいったもので、大東建託(港区港南)の「住みたいまちランキング 2019」の第1位は「今住んでいる街」(31.6%)、第2位は「希望駅なし」(11.2%)と、両者を併せて半数近くを占める結果となっています。

 ランキングについてさまざまな専門家がコメントしており興味深いのですが、そもそも、このような街の序列はなぜ「定番コンテンツ」となったのでしょうか。

 気づいている人も多いと思いますが、このようなランキングの大半は不動産関連企業が調査・発表しています。

 2004(平成16)年以降、長谷工アーベスト(港区芝)が発表したランキング前後から徐々に増え、リクルート住まいカンパニー(港区芝浦)の「SUUMO住みたい街ランキング」もよく参考にされています。その背景には不動産情報のウェブ化や、インターネット調査でランキングを作りやすくなったことがあります。

 各社のランキングの名称はさまざまで、対象地域の範囲、調査、集計、発表方法も多岐にわたりますが、今回は仮に「住みたい街ランキング」と総称します。

ランキング化という「イメージ価値」

 専門家やその地域に実際に住む人たちによる「住みやすい街ランキング」は近年増えてきたものの、依然として客観的な指標による序列というより、主観的な「イメージ」の集計と言えます。いわば、なんとなく――な人気投票といったところでしょうか。

 なぜそのようなイメージになったのかという解釈も興味深いですが、あくまでランキングは、不動産取引を活性化させ、街が「イメージされる価値」を上げる手段のひとつと考えたほうが賢明です。

 これまでマイナーだった地域がランクインすれば、知名度は当然上がります。売りたい物件の地域がランキングに載るよう、意図的に操作されているとは思いたくありませんが、ランキングは不動産開発やマーケティングデータとして使われているといって過言ではありません。

1/3ページ

最終更新:2/24(月) 8:56
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事