ここから本文です

一人で快適。二人で楽しい。一緒に乗って出かけられる国産バイク5選

2/24(月) 13:01配信

バイクのニュース

 ●スズキ バーグマン200

 バーグマン200は、スマートな車体に200ccのエンジンを搭載したスズキのスクーターです。大きめのシートを装備していますが、地面に足を付けやすいように、前に向かって絞り込むような形状をしています。シート下にある容量41リッターのトランクスペースを開くと自動点灯する照明があり、夕暮れ時や夜に後席の人を送った時でも、トランクの中の物忘れを防ぐことができます。

 排気量が200ccであるため車検が無く、燃費も良いため経済的にも優れています。また、全長2055mm、全幅740mmと、比較的小型という特徴もあります。XMAXは全長2185mm、全幅775mmであるため、他の車種に比べて、道幅の狭い場所でもキビキビと走れるバイクと言えるでしょう。

 バーグマン200の価格は53万3500円(税込)となっています。小回りがきいて、燃費の良い2人乗りバイクが欲しいと考えている人に、おすすめの車種です。

 ●ヤマハ FJR1300AS/A

 FJR1300は、ヤマハの販売するツアラーと呼ばれる大型バイクです。

 もともと海外へ輸出するバイクとして開発され、ヤマハによれば「タンデム(2人乗り)で10日間3000kmレベルという欧州縦断ツーリングを快適に楽しめる高次元な走行性が顧客から支持を得た」と言われています。

 1300ccという排気量と、シャープな見た目から、スポーツバイクという印象を受けますが、長距離を移動するための快適装備も数多く持っています。1人乗りから2人乗り+荷物に合わせた電動調整サスペンションや、前後に幅広いシート、ライディングウェアブランドが開発した、着用型エアバッグ用のスペースや配線なども装備しています。

 FJR1300は、電子調整式サスペンションなどを装備した「FJR1300AS」と、標準モデルの「FJR1300A」がラインナップされています。価格はFJR1300ASが187万円(税込)、FJR1300Aが154万円(税込)となっています。ヨーロッパのように、長距離を走り続けたいという人には理想のバイクかもしれません。

2/3ページ

最終更新:2/25(火) 17:25
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事