ここから本文です

忙しいママの朝食時短術!時間がなくても子どもに栄養あるものを食べさせたい

2/24(月) 22:10配信

kufura

毎朝起きて自宅をでるまで、なにかとバタバタしてしまいがち。自分の身支度に子どもの世話、ゴミ捨てや洗濯といった家事が発生することもあるでしょう。そんななかでも欠かせないのが朝食作り。時間がなくても、子どもには栄養バランスのとれた朝食を食べてもらいたいですよね。

そこで『kufura』では子どものいる女性194名を対象に、朝食準備に時間をかけない工夫をアンケート調査しました。朝に余裕のあるママの時短術を教えてもらいましょう!

前日の夕食を使いまわす

「前の日の残りを朝食にできるような量を作る」(54歳/主婦)

「夕食のスープを多めに作っておく」(39歳/総務・人事・事務)

「夕食は多目に作り、常に残りを用意して朝に使う。簡単に作れる素材、卵、ウインナー、ハム等は、常に冷蔵庫に用意しておく」(49歳/その他)

あらかじめ夕食を多めに作っておき、翌朝にも食べられるようにしておくと、朝食作りに焦らずに済みます。夕食のすべてではなくても、スープを多めに作ったり、味噌汁の具材を翌朝用に取り分けておいたりするだけでも時短になります。

また、夫や子供に「昨日と同じ?」と言われないために、ちょっとしたアレンジを加えるという回答も。

「前の日の晩御飯を朝アレンジして、例えばから揚げならレタスとから揚げサンドにするなどしている」(48歳/主婦)

夕食の具材だけ活用して違うメニューを作れば、手抜き感ゼロです!

前日の夜に準備しておく

「前日の夜に野菜スープを作っておく」(30歳/学生・フリーター)

「前日の夜にお魚焼いたり、玉子焼きを作ったりして準備し朝は温める」(56歳/その他)

「炊き込みご飯など、一度にたくさんの栄養を取れるものを、夜のうちにつくっておく」(52歳/主婦)

夜に時間がとれるのであれば、朝食を作っておくのも1つです。できあがっているものをレンジで温めたり、火にかけたりするだけで済むので、朝はゆっくり過ごせそう。炊き込みご飯ならよそうだけなので、さらに時短です。夕食作りに時間をかけられるのであれば、同時進行で朝食のおかずを作るのもいいですね。

1/3ページ

最終更新:2/24(月) 22:10
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ