ここから本文です

【CO2排出15%削減】ボルボS90/V90 マイルドハイブリッド フェイスリフトを発表 欧州

2/24(月) 18:50配信

AUTOCAR JAPAN

CO2排出量を最大15%削減

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)


ボルボは、マイルドハイブリッド・パワートレインを搭載した、S90とV90のフェイスリフトモデルを発表した。

【写真】ボルボS90、V90【新旧モデル比較】 (71枚)

このマイルドハイブリッド・ユニットにより、燃費が向上し、CO2排出量を最大15%削減できるとボルボは述べている。

大型モデルへのマイルドハイブリッドの搭載は、これが初めてとなるが、今回のS90とV90への採用により、同社のラインナップのすべてのモデルに、このユニットが採用できることを証明したこととなる。

インテグレーテッド・スターター・ジェネレーターと、エネルギー回生システムを備え、48Vバッテリーを使用するこのシステムは、V90クロスカントリーを含むS90およびV90ラインアップ全体に導入される。

2016年から販売されている現行のS90およびV90は、今回いくつかのデザイン変更がほどこされている。

V90のリアには新しいLEDテールライト、両方のモデルに新しいフロントバンパーとフォグランプがそれぞれ追加され、同社初となる連続インディケーターライトも採用されている。

新しいペイントカラーと、ホイールオプションも追加される。

S90とV90のフェイスリフトモデル

仕様と価格の詳細はまだ明らかになっていないが、インテリアも一新されるようだ。

以前は中国市場のみで採用されていた、キャビン内の空気をフィルターを通して微粒子レベルできれいにし、インフォテインメントシステムに空気の質を表示する、アドバンスド・エアクリーナーが追加される。

12Vの電源コンセントの代わりに、リアに2つのUSB-C充電ポートが採用され、ほとんどのバリエーションに、オプションとしてワイヤレス充電が追加される。

S90とV90には、アップグレードされた、バウワース・アンド・ウィルキンスのサウンドシステムが採用され、レザー以外の素材がオプションで選べるようになる。

AUTOCAR JAPAN

最終更新:2/24(月) 18:50
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ