ここから本文です

【MLB】筒香嘉智、“メジャー初安打”も辛口採点「本当はゴロになってはいけない球」

2/24(月) 5:54配信

Full-Count

念願の“メジャーデビュー”に「昂りは全く無かったといえば嘘になる」

■レイズ – ヤンキース(オープン戦・日本時間24日・シャーロット)

 DeNAからレイズへ移籍した筒香嘉智外野手が23日(日本時間24日)、本拠地でのヤンキースとのオープン戦に「5番・左翼」でスタメン出場。1打数1安打1四球と“出塁率10割”デビューを飾った。「昂りは全く無かったといえば嘘になります」と、念願の“メジャーデビュー”を噛み締めていた。

【動画】筒香嘉智が遂に“メジャー・デビュー”! 初打席に放った投手強襲の鮮やか中前打の実際の瞬間

 1点ビハインドの2回、無死一塁で“メジャー初打席”に立った筒香。カウント2-1で迎えた4球目、ヤンキース2番手の右腕ヘイルが投じた93マイル(約150キロ)を叩いた打球は、相手投手のグラブを弾き、そのままセンターへ。“メジャー初安打”を記録した。4回の第2打席は8球粘り四球を選び、代走を送られお役御免となった。

 初ヒットとなった投手強襲打については「本当はゴロになってはいけない球」と辛口の採点をし、「そんなに感情はない」と冷静な様子だった。一方で追い込まれてからファウルで粘って四球を選んだ第2打席については「2ストライク後のファウルも僕の中では技術がある」、「ファウルを打てているのは自分の中で安心材料」と手応えを感じていた。

 この日、念願の夢の舞台に立った筒香。落ち着いた様子に見えたことを問われると「この雰囲気というのはもちろん日本には無いような雰囲気ですし、その中で昂りは全く無かったといえば嘘になりますけど、すごく興奮しているという状態ではなく、自分の開幕シーズンに向けてやるべきことをしっかり頭の中に置いてプレーしていたという感じ」と回答。冷静さの中で“メジャーデビュー”の実感をしっかりと噛み締めたようだ。

木崎英夫 / Hideo Kizaki

最終更新:2/24(月) 12:24
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ