ここから本文です

日ハム斎藤佑樹、OP戦初登板は3回3失点 絶好調DeNAオースティンに特大弾浴びる

2/24(月) 15:04配信

Full-Count

3回を投げ無死四球、4奪三振と光る部分も

■日本ハム – DeNA(オープン戦・24日・名護)

 日本ハムの斎藤佑樹投手が24日、沖縄県・名護でのDeNAとのオープン戦で3番手として登板。3回を投げ4安打3失点、絶好調オースティンに特大弾を許すなど、不安の残る内容となった。

【画像】やっぱり“大物”? 杉谷が公開、清宮が斎藤佑の上に腰掛ける

 2点ビハインドの4回から登板した右腕は、伊藤裕、伊藤光と2者連続で右飛に打ち取った。続く百瀬には捕手の清水が後逸し、振り逃げでの出塁を許すも、大和を三ゴロに仕留め、危なげなく締めた。

 打線が1点差に詰めて迎えた5回には、先頭の神里を三振斬り。しかし、オープン戦6打数5安打2本塁打と絶好調の新助っ人オースティンをフルカウントに追い込むも6球目に投じた内角高めの抜けたフォークを完ぺきに捉えられ、打球は左翼スタンドへ飛び込み、点差を再び2点に広げられた。その後は、ソトを三振、佐野を三邪飛に打ち取った。

 6回のマウンドにも登った斎藤佑は、梶谷に中前打、伊藤裕に左二塁打と連打を浴び無死一、三塁のピンチを背負うと伊藤光に右犠飛を許した。1死三塁の百瀬の打席では暴投でさらに1点を献上した。

 3回を投げ、無四死球、4奪三振と光るものは見えたものの、オースティンに左翼への特大な一発を浴びるなど4安打3失点。防御率9.00とピリッとしない結果となった。

Full-Count編集部

最終更新:2/24(月) 15:17
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ