ここから本文です

モバイル端末とAIを利用して顧客分析できる画像解析サービスを開始

2/25(火) 8:10配信

MONOist

 オプティムは2020年1月30日、モバイル端末とAI(人工知能)を用いて容易に顧客分析ができる画像解析サービス「OPTiM AI Camera Mobile」の提供を開始した。月額1950円で利用できる。

 OPTiM AI Camera Mobileは、モバイル端末のカメラを利用して設置場所の映像を解析するサービスで、画像解析ソリューション「OPTiM AI Camera」の廉価版となっている。

 利用方法は、モバイル端末に専用アプリケーションをインストールした後、飲食店や小売店の出入口、陳列棚などに設置するだけ。大掛かりな工事などは必要ない。撮影した画像から、来店者の人数や年代、性別を分析可能で、解析データはWebブラウザから閲覧できる。用途や予算に合わせて、必要な機能だけを購入することも可能だ。

 現在は、Android 7.0以上のタブレット端末のみで動作するが、近日、スマートフォンへの対応も予定されている。ディスプレイ解像度は1280×800(WXGA)を推奨。アプリケーションはGoogle Play Storeからダウンロードできる。

 同社では今後、年度内に英語対応サービスを開始し、海外にも同サービスを展開する。また、同年4月頃には、複数端末の同時利用ができるEnterprise版の販売を予定している。

MONOist

最終更新:2/25(火) 8:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ