ここから本文です

1.6万円で6コアのRyzenがついに登場!――早くも話題に

2/25(火) 16:05配信

ITmedia PC USER

 先週登場したPCパーツでは、AMDのCPU「Ryzen 5 3500」が複数のショップで目立っていた。6コア6スレッドのグラフィックス機能なしモデルで、価格は1万6000円前後(税込み、以下同)となる。動作クロックは標準3.6GHz、ブースト時は4.1GHzとなる。TDPは65Wだ。

【写真】IPSで240Hz駆動のLG電子「LG UltraGear 27GN750-B」

「i5-9400にぶつけにきたかなと」――Ryzen 5 3500が話題に

 入荷したショップの反応は上々で、ミドルクラスの主力候補という扱いをよく耳にした。TSUKUMO eX.は「6コアで2万円を大幅に割り込んでいるのはうれしいですよね。1つ上の3600より1万円近く安いので、かなりいい選択肢になるんじゃないかと思います」という。

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店も「1万円台の6コアCPUだと、今まではCore i5-9400Fが圧倒的な人気でしたが、そこにぶつけてきたなと思いましたね。ここでAMDが勝っちゃうと完勝もみえてくる。コスパのバランスもいいですし、人気争いのポジションとしても面白いですよ」と高く評価していた。

IPSパネルでも240Hz――LG電子の27型液晶が店頭デビュー

 液晶ディスプレイで注目を浴びていたのは、LG電子の27型モデル「LG UltraGear 27GN750-B」だ。価格は4万7000円前後から5万2000円弱となっている。

 半光沢のIPSパネルを採用して、リフレッシュレート240Hzと1ms(Gray to Gray)の応答速度を実現しているのが特徴となる。解像度は1920×1080ピクセルで、AMD FreeSyncとNVIDIA G-SYNC Compatibleをサポートしている。

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「TNパネルでなくても高リフレッシュレートで使えるということで注目されていますね。IPSパネルなので広視野角や色味の良さも追求できます」と語る。

EK-WaterコラボのIN WINケース「EK-Classic InWin 303EK」の展示が始まる

 PCケースでは、「IN WIN 303」のフロント部にEK Water Blocksのリザーバータンクを配置したコラボモデル「EK-Classic InWin 303EK」の実機展示が始まっている。2月27日に5万8000円前後で登場する見込みだ。

 実機を展示中のオリオスペックは「元々、人気のケースがベースですが、フロントにぴったりとリザーバータンクがハマっていて、オーダーメード感が高くて面白いですね。光の当て方でいろんな表情が楽しめそうです」と評価していた。

 なお、同店ではEK-Classic InWin 303EKを使った完成品の水冷モデルも予定しているという。

1/2ページ

最終更新:2/25(火) 16:05
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ