ここから本文です

ソフト・宇津木妙子監督が中日キャンプでノックの嵐!2年目石橋は感激「偉大な方…うれしかった」

2/25(火) 23:16配信

中日スポーツ

 ソフトボール元女子日本代表監督の宇津木妙子さん(66)が25日、北谷球場を訪れ、中日・高橋周平内野手(26)と石橋康太捕手(19)らにノックを打った。

【写真】根尾うしろ!うしろ!

 泥まみれになった高橋、石橋は宇津木さんの参戦に感謝した。主将は「元気出してノックを受けさせていただきました。楽しくやれました。オープン戦が続いていくので、頑張ってやりたいです」とコメント。イレギュラーで捕球し損ねると「ダンゴムシがいました。そのせいです」と主張。場を盛り上げ、宇津木さんも笑った。

 正捕手を目指す2年目の石橋は「偉大な方にノックしていただいてうれしかったです。野球をしているので、こういう機会に恵まれました」と最敬礼。「ただ取るのではなく、1歩目を大切にしたり諦めたりしない姿勢を磨いたり、そういうことを考えられるようになると、選手としてワンランク上がれると思います」と汗をぬぐった。

最終更新:2/25(火) 23:16
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ