ここから本文です

TAKURO(GLAY)が【JAZZ JAPAN AWARD 2019】受賞、授賞式で演奏を披露

2/25(火) 18:05配信

Billboard JAPAN

GLAYのギタリスト、TAKUROが【JAZZ JAPAN AWARD 2019】アルバム・オブ・ザ・イヤー ニュー・ジャズ部門を受賞し、2月15日に神奈川県・横浜で行われた授賞式に出席。受賞記念演奏を行った。

その他の画像

 ギタリストとしての成長を目指し、4年前にソロプロジェクト「Journey without a map」をスタートさせたTAKURO。昨年2019年にリリースした2ndソロインストアルバム『Journey without a map II』での受賞となった。

 授賞式に出席したTAKUROは、自身をジャズの世界に、そしてソロインストの世界に導いたドラマーのToshi Nagai、そしてB’zのTak Matsumotoに心から感謝の言葉を述べた。デビュー当時からGLAYのサポートドラマーを務めているToshi Nagaiの誘いにより、TAKUROはジャズバーなどで演奏することが増え、その経験がギタリストとしての未来像に大きく影響を与えたという。

 そして盟友であり、ソロプロジェクトのプロデューサーも務めるTak Matsumotoは、TAKUROが常にギタリストとしての姿勢を勉強させられ、師と仰ぐ存在。そんな彼からソロへ誘ってもらった事で、この「Journey without a map」は始まった。

 受賞記念演奏では、TAKUROは前述のToshi Nagaiをバックに従え、静かなジャムから一曲目「TM St.2am」でスタート。ミドルテンポの心地よい楽曲で会場をくすぐりながら、2曲目には力強いトランペットが印象的な「SOUL FRIENDLY」を披露。骨太なギターとトランペットが軸を作り、会場全体に響かせた。TAKUROは最後のナンバーの前に米澤美玖を向かい入れ、彼女のサックスを交えた「Swingin’Tokyo 2020」で締めくくった。

 なお、GLAYで双璧をなすギターのHISASHI、そしてVo.TERUが2月25日、ムラーノ島にあるヴェネツィアンガラスアーティスト、土田康彦の工房より無観客ライブを行う事を発表した。ライブの模様はオフィシャルYouTubeチャンネルで配信される。


◎配信情報
日時:現地時間2月25日(火)14:00ごろ
※日本時間2月25日(火)22:00ごろ



Photo by Shiho Yabe/Jazz Japan

最終更新:2/25(火) 18:05
Billboard JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事