ここから本文です

コロナウイルス、安倍内閣への評価に異変 熊本地震と「真逆」の結果 世論調査で見えた「初動のつまづき」

2/26(水) 7:00配信

withnews

新型コロナウイルスの感染が広がる中、大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号への対応など、安倍内閣の危機管理に注目が集まっています。世間の人たちは政府の対応をどう評価しているのでしょうか。世論調査の結果を見ると、これまで安倍内閣が対処してきた事案のなかでも、今回はかなり厳しい視線が注がれているようです。(朝日新聞記者・植木映子)

【画像】洗って100回、1万円超えの超高性能マスク 羽生結弦も愛用、その恐るべき「スペック」

評価する「34%」、評価しない「50%」

2月15、16日に行った朝日新聞の世論調査(有権者の固定・携帯電話対象)では、新型コロナウイルスをめぐる政府対応を「評価しない」が50%にのぼりました。

【新型コロナウイルスをめぐる、これまでの政府の対応を評価しますか。(2020年2月調査/固定・携帯電話対象)】
・評価する(34%)
・評価しない(50%)
*その他・答えないは省略

【横浜港に停泊し、新型コロナウイルスの感染が広がっている大型クルーズ船についてうかがいます。クルーズ船の乗客や乗員への、政府の対応は適切だと思いますか。】
・適切だ(39%)
・適切ではない(45%)

この調査の後、感染はさらに拡大し、大型クルーズ船で感染した乗客からも死亡者が出ました。東京マラソンなどのイベントの縮小や中止が相次いでいます。全閣僚出席するはずの対策本部の会合を、一部の閣僚が政治活動を理由に欠席していたことも明らかになりました。

安倍内閣の危機管理への評価は……

第2次安倍政権は発足から7年。この間、安倍首相は危機管理を担う菅義偉官房長官とともに、数々の危機管理案件に対処してきました。単純に比べることはできませんが、その時々の対応への評価はどうだったのか、振り返ってみます。

2016年の熊本地震では、安倍首相が「先手先手で、被災者の生活支援に対応する」と繰り返し述べ、政府対応への評価は高い結果でした。


【2016年熊本地震】熊本県を中心とした地震に対する政府の対応を評価しますか。(2016年5月調査/固定電話対象)
・評価する(54%)
・評価しない(29%)


一方、2018年の西日本豪雨では、気象庁が警戒を呼びかける中にもかかわらず自民党国会議員の懇親会「赤坂自民亭」が開かれ、安倍首相ら40人以上が出席。酒席の様子を出席議員がツイッターに投稿したこともあり、批判が広がりました。その直後に行った調査で「評価しない」が45%で、「評価する」32%を上回りました。


【2018年西日本豪雨】今回、西日本を中心に大きな被害をもたらした豪雨災害について、安倍内閣の対応を評価しますか。(2018年7月調査/固定・携帯電話対象)
・評価する(32%)
・評価しない(45%)


2018年は、西日本豪雨の後も台風や地震が相次ぎました。この年の9月に改めて災害対応について尋ねると、「評価する」52%で、「評価しない」32%を上回りました。


【2018年台風・地震】最近の大型台風や大地震をめぐる安倍内閣の災害対応を評価しますか。(2018年9月調査/同)
・評価する(52%)
・評価しない(32%)

2019年9月の台風15号をめぐっては、千葉県で停電が長期化するなど大きな被害が出たにもかかわらず、国の対策本部の設置や自治体との情報共有が遅れるなど、初動対応に批判が出ました。この年10月の調査では、「評価する」と「評価しない」は割れる結果となりました。

【2019年台風・豪雨】この秋は台風災害が相次ぎました。大きな被害をもたらした一連の台風災害への安倍政権の対応を評価しますか。(2019年10月調査/同)
・評価する(37%)
・評価しない(39%)

1/2ページ

最終更新:2/26(水) 7:00
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事