ここから本文です

【パンクラス】三村亘の欠場で“聖帝”土肥潤が降臨、関原翔と対戦へ

2/26(水) 11:56配信

イーファイト

 3月8日(日)東京・スタジオコーストにて開催される『PANCRASE 313』の対戦カード変更が発表された。
 
 今大会で関原翔(リバーサル東京スタンドアウト)と対戦予定だった三村亘(パンクラス大阪稲垣組)が練習中の怪我のため欠場となり、代わりに土肥潤(総合格闘技道場MIBURO)の参戦が決定した。

【フォト】相手をバックから攻める曲者寝業師の土肥(奥)

 土肥はポーカーフェイスと独特の雰囲気を持つ京都府出身のグラップラー。“聖帝”、“大阪の壁”と呼ばれる実力者だ。

 パンクラスには2011年から参戦。昨年11月の大阪大会では、今回欠場となった三村と対戦し、スプリット判定で敗北している。

 パンクラス東京大会に前回出場したのは2015年4月。その試合では蓮實光と対戦し、わずか41秒でチョークスリーパーに仕留めて一本勝ちを収めている。
 急遽参戦となる久しぶりの東京大会でも“聖帝”の強さを見せつけることが出来るか。

 対する関原は「AbemaTV」の人気番組「格闘代理戦争 2ndシーズン」ファイナル大会のワンマッチに出場経験を持ち、昨年5月からパンクラスに参戦。プレリミナリーでの3連勝が評価され、今回が初のメインカード出場。“大阪の壁”土肥を超えることが出来るのか注目される。

最終更新:2/26(水) 13:52
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ