ここから本文です

英語でヨガ、親子で「牛や戦士のポーズ」に挑戦 鹿嶋・大同西小が授業参観

2/26(水) 14:00配信

茨城新聞クロスアイ

親子でヨガを楽しんでもらおうと、鹿嶋市武井の市立大同西小学校(貴達泰文校長、児童157人)は21日、英語の授業参観にヨガ体験を取り入れた。全校児童と保護者約100人が一緒になって、さまざまなポーズに挑戦した。

授業はヨガインストラクターの経験がある同小の外国語指導助手(ALT)が担当。簡単な英単語をヒントに動物などの名前を当てるクイズを出題し、児童たちは英語で回答した。ヨガの動きで使う英単語なども学んだ後、子どもたちと保護者は「牛のポーズ」や「戦士のポーズ」などに挑戦し、体を曲げたり、伸ばしたりした。

通常と違った形での授業参観に、保護者は「一緒に体を動かせるので退屈しなかった」「子どもたちが楽しそうだった」と感想。5年生の大槻優衣さん(11)は「ヨガは初めてで難しいポーズもあったけど、楽しかった」と笑顔で話した。(藤崎徹)

茨城新聞社

最終更新:2/26(水) 14:02
茨城新聞クロスアイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ