ここから本文です

スコセッシの作品世界に迫る書籍が発売、執筆陣に石井岳龍や篠田正浩、町山智浩ら

2/26(水) 16:01配信

映画ナタリー

書籍「マーティン・スコセッシ 映画という洗礼」が本日2月26日に発売された。

1960年代から50年以上にわたって活躍し、「タクシードライバー」「レイジング・ブル」「グッドフェローズ」「ウルフ・オブ・ウォールストリート」など数々の作品を発表してきたマーティン・スコセッシ。Netflixで手がけた新作「アイリッシュマン」は第92回アカデミー賞で作品賞、監督賞を含む9部門10賞にノミネートされた。

【写真】「マーティン・スコセッシ 映画という洗礼」書影(帯付き)(メディアギャラリー他1件)

本書では多彩な論考を通して、その作家性と作品世界を読み解く。作品評の執筆者には双葉十三郎、石井岳龍、佐藤忠男、篠田正浩、今野雄二、横尾忠則、町山智浩らが名を連ねている。編者は「90年代アメリカ映画100」「心が疲れたときに観る映画」などを手がけた佐野亨。価格は税込2420円となる。

■ マーティン・スコセッシ 映画という洗礼
河出書房新社 2020年2月26日(水)発売
価格:税込2420円

最終更新:2/26(水) 16:01
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事