ここから本文です

はじめての「e-Tax」 事前準備までの流れと、やってみた感想

2/26(水) 12:07配信

マネーの達人

今まで、e-Taxについて知ったはいたものの、準備が面倒に感じて、自宅で印刷して税務署へ提出していました。

しかし、e-Taxのメリットを考え、今年は挑戦してみることにしました。

「マイナンバーカード方式」で申告するために必要なもの

・ マイナンバーカード   

マイナンバーカードを発行するときに、役所で登録したパスワードも必要です。

今回は、すでにマイナンバーカードを取得している前提で進めています。
  
・ ICカードリーダーまたは スマートフォン

ICカードリーダーは、家電販売店や通販で購入できます。

「電子申告e-Tax用」などと書かれてあれば安心です。

すでに持っている場合は、マイナンバーカードに対応しているか「公的認証ポータルサイト(pdf)」で確認することができます。

参照:地方公共団体情報システム機構「ICカードリーダライタのご用意」

わが家は、対応するスマホがなかったので、カードリーダーをAmazonで購入しました。

パソコンに接続するだけで特別な操作は必要ありませんでした。

e-Taxで確定申告するための事前準備

1. 国税庁のホームページにある「確定申告特集」をクリック

2. 「確定申告書作成はこちら」をクリック

3. 「作成開始」をクリック

4. 画面左にある、「マイナンバーカード方式」を選択してクリック

推奨環境の確認を行います。

OS:ウィンドウズ8.1か10

ブラウザ:Internetexplorer11かMicrosoft edge44

が推奨されています。

筆者は普段chromeを使っていたので、「ブラウザをInternet Explorerに切り替えてください。」と表示されました。

Internet Explorerを利用することにします。

5. 「事前準備セットアップファイルのダウンロード」をクリックし、ダウンロードとインストール

以下、画像は筆者撮影

6. マイナンバーカードの認証

7. カードリーダーにマイナンバーカードをセットして「読み取り」をクリック

8. ポップアップ画面が出るのでマイナンバーカードの「利用者証明用のパスワード」(4桁の数字)を入力

マイナンバーカードを発行するときに、パスワードを記入した用紙をもらっていたので、その紙を見ながら打ち込みました。

9. 「利用者情報の登録へ」をクリックし、利用開始手続きを行う

10. 「マイナンバーカード情報の確認へ」ボタンを押し、「マイナンバーカードの読み取り」をクリック

ここでマイナンバーカードの「券面事項入力補助用」の4桁のパスワードを入力します。

さきほど同じものを設定している方もいるかもしれません。

11. 自分の住所などが表示されるので確認し、「次へ」をクリック

12. 「利用者情報の入力」画面が表示されるので、画面の中の空欄に入力して確認

13. フリガナ、職業(筆者は個人事業主)などを入力

14. 「納税用確認番号等」の入力

納税用確認番号は、電子納税を行う場合に必要となる暗証番号です。

役所からもらう整理番号ではなく、任意で決めた半角数字6桁を入力します。

必要に応じてメールアドレスなども入力します。

15. 内容を確認して送信

ここまでで、事前準備は終わりです。

1/2ページ

最終更新:2/26(水) 12:07
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ