ここから本文です

AIが手塚治虫の新作を作成 ちばてつや「手塚治虫さんの血が入ってるキャラクターで懐かしかったです」

2/26(水) 20:42配信

AbemaTIMES

 手塚治虫の新作プロジェクト「TEZUKA2020」のお披露目会見が2月26日、講談社で行われ、漫画家のちばてつやと、手塚治虫文化賞短編賞を受賞した経験があるお笑いコンビ・カラテカの矢部太郎がゲストとして出席した。

【動画】手塚治虫さん新作漫画が発表

 手塚マンガの要素を”手塚治虫AI”に学習させ、手塚マンガらしい方向性を抽出。それをもとにスタッフが仕上げたマンガ「ぱいどん」を披露した同プロジェクト。それによって作成された「ぱいどん」が明日27日発売の漫画誌「モーニング」に全編が掲載される。

 「ぱいどん」について感想を求められると、ちばは「懐かしい感じがしました。『どろろ』『ブラックジャック』、手塚治虫さんの血が入ってるキャラクターで懐かしかったです」とコメント。矢部は「ワクワクしました。キャラクターが魅力的。仕事が受けても簡単に受けないようブラックジャック的な性格があったりとか、ちょっとしたギミックがあって、そこで主人公の本当の性格や姿が見える『三つ目がとおる』 の 写楽 を彷彿とさせるようなものがありました。リスペクトがあって作られている。 『アトム』のトビオくん(※)のような、(この作品はトビオにとっての)アトムとして作られているような。その世界に自分がいて、それを体験できているというような、読書体験でした」と感想を語った。

(※)アトムを生み出した天馬博士の息子「天馬飛雄」。交通事故死し、博士は飛雄に似せてアトムを制作した。

最終更新:2/26(水) 20:42
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ