ここから本文です

「ユッキーナみたいに挑戦しないの?」帝王切開ママが2人目に決めた産み方

2/26(水) 10:45配信

LIMO

出産はどんな形であっても常に命がけです。しかし、世の中にはいまだに「通常分娩で一度は産んだほうがいいのでは」と考える人たちがいるようです。今回お話を聞いたKさんは第一子を帝王切開で出産し、その後三年の時を経て二人目を妊娠しました。

次のお産も前回同様帝王切開と考えていたKさんは、親しいママ友からこんな言葉をかけられたといいます。「次こそ通常分娩に挑戦しないの?」その言葉にモヤモヤするKさん。帝王切開ママに掛けられたその言葉の意味とは一体どのようなものだったのでしょう。

帝王切開の場合、次のお産も帝王切開?

帝王切開で出産をおこなった場合、多くの病院で退院前に次回の妊娠についてのお話があるようです。Kさんも助産師さんから今後についての話をされたそう。

「退院前、お産でお腹を切っているため、なるべくすぐにまた妊娠するのは避けた方がいいというお話をされました。出産直後はお腹の傷が痛かったので『今子宮が膨らんだら傷が避けそう』なんて想像するだけで下腹部がもぞもぞしたのを覚えています。そんなお話を聞いていたので、感覚的に『第二子を産むとしても少し間をあけてからにしよう』という気持ちでいました」

また、助産師さんは「もしまたうちの病院で出産する気があるのならば、帝王切開になると思う」とも付け加えたといいます。知識のなかったKさんは、特に疑問に思わず返事をし退院しました。

VBACという方法

その後、お子さんもすくすくと成長し「そろそろ二人目を」と考えたKさんご夫婦。ほどなくして、妊娠していることが判明しました。前回は里帰り出産をしたKさんですが、お子さんの生活習慣のこともあり、今回は里帰りせず近くの病院で産むことを決め検診へいったそうです。

「前回が帝王切開だったこともあり、大き目の病院を選びました。前回の病院の助産師さんの言葉もあったので『今回も帝王切開になるだろう』ということはなんとなく頭に描いていました。私が検診で前回のお産の話をすると、担当の医師から『もしVBACをご希望でしたらうちではできませんので』といわれ、初めて『VBAC』という言葉を知りました」

VBACとは、「Vaginal Birth After Caesarean」の略であり、帝王切開での出産経験のある母親が経腟分娩でお産をすることをこう呼びます。全くその予定がなかったKさんは、計画帝王切開になるであろうというお産方法に納得し、病院を後にしました。

1/2ページ

最終更新:2/26(水) 10:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ