ここから本文です

欧州株は5日連続安、社債リスクや原油にも影響-強まるウイルス懸念

2/26(水) 21:50配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 26日の欧州株は5営業日連続安と、昨年7月以来で最長。複数の企業が新型コロナウイルスの感染拡大による業績悪化を警告しているほか、新型ウイルスが欧州経済に及ぼす影響にも一段と不安が高まっている。

指標株価指数のストックス欧州600は一時2.9%安まで売り込まれ、昨年10月以来の低水準まで下げた。

コロンボ・ウェルスの最高投資責任者(CIO)のアルベルト・トッキオ氏は「今は『押し目買い』といった雰囲気は消えつつある。投資家は、新たな欧米の主要国や大都市で感染が発生するのは時間の問題かもしれないと気付いている」と述べ、「多くの専門家が予言するように新型ウイルスがこのまま世界各地にまん延すれば、一段安の可能性は否定できない」と指摘した。

欧州の社債保有リスクも上昇。欧州の高利回り企業のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)に連動するマークイット・iTraxx欧州クロスオーバー指数は3日連続で上昇し、一時昨年8月23日以来の高水準となった。

商品市場では原油が下落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物4月限は一時49.21ドルと2019年1月以来の安値を付け、ロンドンICEの北海ブレント4月限は2%を超える下げとなった。

原題:Europe Stocks Suffer Longest Drop Since July as Virus Hits Home(抜粋)

Europe Debt Risk Jumps to Six-Month High on Coronavirus Fears(抜粋)

Oil Slumps to Lowest in a Year as Fear of Virus Hit Spreads(抜粋)

WTI Crude Falls to $49.21/Barrel, Lowest Since January 2019(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Ksenia Galouchko

最終更新:2/26(水) 21:50
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ