ここから本文です

F1テスト後半、ロバート・クビサが初日首位に。レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが2番手

2/27(木) 2:54配信

motorsport.com 日本版

 F1プレシーズンテストの後半が、スペインのカタルニア・サーキットで開始された。その初日は、アルファロメオのロバート・クビサがトップタイムとなった。

【ギャラリー】F1プレシーズンテストの走行をフォトギャラリーでチェック!(※随時更新中!)

 アルファロメオは今季から開発ドライバーにクビサを起用。午前中にクビサがステアリングを握ると、最も柔らかいC5タイヤで1分16秒942をマーク。結局午後になってもこのタイムを超えてくるドライバーは現れず、初日を通してのトップタイムとなった。

 午後にアルファロメオはキミ・ライコネンへマシンを託したが、ライコネンは1分29秒820で16番手タイムに留まった。

 2番手にはレッドブルのマックス・フェルスタッペンが続いた。C3タイヤで1分17秒347を記録した。

 午後の走行を担当したフェルスタッペンは順調に走行を重ね、84周を走破。なお彼はセッション残り5分という段階で、ターン10でマシンをスピンさせてしまった。結果的に赤旗が掲出され、セッションはそのまま終了した。

 また、フェルスタッペンはピレリが持ち込んだF1オランダGPの“バンク”対策用タイヤを使用した際にもスピンを発生させている。

 3番手につけたのは“ピンク・メルセデス”ことレーシングポイントのセルジオ・ペレス。セッション残り30分を切った段階で、C3タイヤでタイムを詰めた。

 テスト後半初日に最も多く走行を重ねたのはメルセデスだった。ルイス・ハミルトンが89周、バルテリ・ボッタスが90周の計179周を走破している。タイムはハミルトンが7番手、ボッタスが9番手につけた。

 またハースのロマン・グロージャンが107周と多くの周回をこなしている。ハースはこの日、グロージャンのみがステアリングを握っており、彼は最終的に16番手タイムを記録した。

 フェラーリも初日にセバスチャン・ベッテルが84周、シャルル・ルクレールが80周と精力的に走行を重ねた。午前担当のベッテルは10番手、午後のセッションを担当したルクレールは13番手タイムとなった。

Alex Kalinauckas

最終更新:2/27(木) 2:54
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ