ここから本文です

E・ホーク演じるロックスター×腐れ縁カップルの三角関係 ニック・ホーンビィ原作の恋愛映画、6月公開

2/27(木) 5:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース]アカデミー賞の脚色賞にノミネートされた「17歳の肖像」「ブルックリン」で知られる人気小説家ニック・ホーンビィ氏の著作をもとにした英米合作映画「ジュリエット、ネイキッド(原題)」が「15年後のラブソング」の邦題で、6月12日から公開されることが決定。ローズ・バーン、イーサン・ホーク、クリス・オダウドが共演し、伝説のロックスターと腐れ縁カップルの不思議な三角関係を描く。

 現実に押し流されながらも新たな一歩を踏み出そうともがく、大人になりきれない男女3人のラブストーリー。「ピーターラビット」シリーズのバーンが博物館に勤務するアニー、「モリーズ・ゲーム」のオダウドがアニーの恋人ダンカンに扮する。さらに、「魂のゆくえ」「真実」のホークがロックシンガー、タッカー・クロウ役で、歌声を披露。ジェシー・ペレッツ監督がメガホンをとった。

 イギリスの港町サンドクリフ、米ニュージャージーの田舎町という、海を隔て遠く離れたふたつの街を舞台にした本作。仕事もあり、長年一緒に暮らすパートナーもいて、安定した生活を送る30代後半のアニーに、ある日1通のメールが送られてくる。送り主は、1990年代に表舞台から姿を消し、恋人ダンカンが心酔するミュージシャン、タッカー・クロウだった。

 「15年後のラブソング」は、6月12日から新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。

最終更新:2/27(木) 5:00
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ