ここから本文です

家事代行を利用したことがある人は1割弱、利用した人はどんな家事をしてもらった?

2/27(木) 11:52配信

ファイナンシャルフィールド

仕事を持つ主婦は、朝から大忙し。早起きして子どものお弁当を作り、朝食の準備から片付け、洗濯を干して出勤。帰宅してからは洗濯物を取り込んで畳む。そして食事の準備、片付け…。一日中家事に追われます。休日もたまった掃除をしたり、惣菜の作り置きをしたりと、なかなか休む暇がありません。

たまには家事代行サービスを頼んでみたい、と思う人もいるのではないでしょうか。総務省統計局の家計調査によれば、2018年の家事代行に使ったお金は1057円に過ぎませんでした(※1)。まだ、それほど利用している人はいないようです。

株式会社サンケイリビング新聞社(東京都千代田区)は、「家事代行サービスについてのアンケート」を行いました(※2)。実際に家事代行サービスを頼んだことがある人は、どれくらいいるのでしょうか。

家事代行サービス利用経験者は7.8%。利用したいサービスは浴室掃除

まず、家事代行サービスを利用したことがあるかたずねたところ、「利用したことのある」人は7.8%にとどまりました。やはり利用経験者は少ないですね。家事にお金を払うという概念がないことや、他人を自分の家に入れて、汚いところを見せるのに抵抗があるのでしょう。

利用したサービス内容は、「浴室掃除」が58.1%で最も多く、次いで「キッチン掃除」、「トイレ・洗面所の掃除」と、「掃除」のサービスを利用する人が多いことがわかりました。

食器の片付けや洗濯など、どうしてもしなければならない家事をするのに精いっぱいで、掃除は後回しになりがちです。特に、お風呂掃除はカビ取りや湯あか取り、排水溝の掃除など、体力も時間も使います。ここは、プロの手を借りることができるとうれしいですよね。

利用したことのある家事代行サービスを聞くと、利用率1位は「ダスキンメリーメイド」、2位は「ベアーズ」、3位は同率で「家事の達人」と「キッズライン」という結果になりました。また、利用満足度1位は「ダスキンメリーメイド」でした。

1/2ページ

最終更新:2/27(木) 11:52
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ