ここから本文です

満足度1位は「鬼滅の刃」2019年放送作品で「進撃の巨人」「ジョジョ」超え 『アニメマーケティング白書 2020』

2/27(木) 14:00配信

AbemaTIMES

 『アニメマーケティング白書 2020』が27日、発売された。

 本書は、KADOKAWA Game Linkageが2019年1月から12月放送の地上波アニメ番組約200タイトルの視聴者に関する調査結果・分析をまとめたもの。

【画像】2019年アニメ満足度ランキング 4位に「からかい上手の高木さん2」 5位以降の作品一覧

 『アニメマーケティング白書 2020』によると、国内のアニメ視聴者は約3515万人と、日本の人口(5~69歳)9457万人のおよそ37%と推測。20代以降のアニメ視聴者が増加し、年代別では40代の視聴者が最多となった。なお、アニメの視聴スタイルにおいては、タイムシフト(録画)が53%、リアルタイムが47%と、タイムシフトでの視聴が多い傾向にあるという。

 本書では、アニメの満足度について5段階評価でアンケート調査を実施し、最高評価である「非常に満足した」と回答した人数から満足度比率を割り出し。2019年に放送されたアニメでは、大人気漫画作品を原作とした「鬼滅の刃」が満足度1位を獲得。視聴者の約半数(48.9%)が「非常に満足した」と回答した。2位は「進撃の巨人 Season3」、3位は「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」と、ロングランタイトルが上位を占める結果になった。

 2019年放送アニメの満足度ランキング1位になった「鬼滅の刃」の視聴者数推移を調査した結果、第1話の放送と最終回の放送で視聴者数が約140万人増加しており、視聴者の満足度が高く継続して視聴されていること、また新たなファンを取り込んでいることが伺えた。そのほか本書では「鬼滅の刃」をはじめとする、2019年地上波放送の主要アニメ186タイトルの男女比や年齢帯など、視聴者の実態に迫る詳細なデータも掲載しているという。

(出典/株式会社KADOKAWA Game Linkage『アニメマーケティング白書 2020』より)

最終更新:2/27(木) 14:00
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事