ここから本文です

岡崎学園(愛知県) チーム、個人ともにレベルアップで中京大中京にリベンジ!

2/27(木) 15:02配信

高校野球ドットコム

思い出深い試合は中京大中京戦

■昨秋愛知県大会ベスト8

 岡崎学園高校は愛知県岡崎市稲熊町に校舎を構える私立高校で、各自の目標に合わせたコース選択ができるよう特進コース、ベーシック進学コース、スポーツ進学コースを有する。

【写真】6月の招待試合で東海大相模が来ることが決定している愛知県の2020年年間スケジュール表

 部活動も活発で特にバレーボール部は県大会優勝、東海大会優勝を果たし、全国大会でも活躍を見せる。硬式野球部は、愛知私学4強の壁に阻まれ、甲子園出場は果たすことが出来ていない。それでも昨秋は愛知県大会でベスト8に進出するなど強豪校として注目を集める存在だ。

■目標は甲子園での勝利

 現在は1年生16名、2年生20名の36名の岡崎学園。平日は校庭を他の部活動と共用しているため、ボールを使った練習に制限があるものの、昨秋はベスト8まで進出。準々決勝は神宮大会で優勝することになる中京大中京に1対10で敗れたが、春に向けて弾みを付けられる秋となった。

 今年のチームのウリ3つは、相手が何をしてくるかという先を読む、守備からリズムを作って攻撃につなげる。そしてミスをしても沈まずに助け合いの声掛けができることだ。その武器を春先以降に活かすべく、オフシーズンは「すべては夏の大会で勝つために」というテーマを掲げて、体づくりを重ねてきた。

■中京大中京に完敗

 新チームスタート時、武器の1つである「先を読む野球」をテーマにして始動してきた。今年の岡崎学園。「先輩たちの一番の強みでしたので、『自分たちの代も一番の武器にできれば』と思ってスタートしました」と主将の近藤翔亜選手がその背景を語る。

 そんな近藤主将にとって思い出深い試合が秋季県大会準々決勝の中京大中京戦だ。
 この試合ではのちに愛知県大会、東海大会、神宮大会と公式戦で全勝することになる中京大中京を相手に7回で1対10でコールド負けを喫してしまう。

 試合を通じて「バッティング、守備、走塁など全てにおいて中京大中京の方がレベルが上だと感じて、今のチームのままだと、この先上のレベルで勝ち進めないと感じて、個人的なスキルアップはもちろん、チームとしてもレベルアップをしなければいけない」と近藤主将は痛感した。

■ここまでの戦いを支えたキーマン

 現在は「春の大会で県大会ベスト8以上、夏の大会で甲子園に出場すること」を目標に、30メートルシャトルランと呼ばれる、10、20、30メートルを30秒で往復するメニューをこなしながら体力強化を図ってきた岡崎学園。そんな岡崎学園を支えてきたのは山田優都だ。

 投手としてはピンチの時は焦らず、冷静に周りに声掛けをし、バッターを打ち取り、打者としては4番バッターでここぞというところで1本長打を打ってくれる頼れる選手だ。

 その山田に加えて春、そして夏の大会では野村壮邦と細井大需。さらに、「チーム1、2位を争う俊足で積極的かつ相手の嫌がる走塁をしてチャンスを作ってくれるだろう」と近藤主将が語る、野田怜汰選手ら4選手の活躍が期待される。

 そんな近藤主将に最後に、今後に向けての意気込みを語ってもらった。
 「体づくりのトレーニングをしっかりとやり切り、しっかりとした体を作り上げます。また、選手1人1人に課題があるので、1つずつ課題を消化して春と夏の大会で結果を残せるようにします!」

1/2ページ

最終更新:2/27(木) 15:02
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ