ここから本文です

8強進出のナダル 20歳キツマノビッチを称賛「非常に危険な選手」<男子テニス>

2/27(木) 19:33配信

tennis365.net

アビエルト・ メキシコ・テルセル

男子テニスのアビエルト・ メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)は26日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのR・ナダル(スペイン)が世界ランク50位のM・キツマノビッチ(セルビア)を6-2, 7-5のストレートで破り、2017年以来3年ぶり4度目のベスト8進出を果たした。

【ナダルvsクォン 1ポイント速報】

この日、第1セットを先取したナダルは第2セットでも第8ゲームで先にブレークに成功。直後の第9ゲームでブレークバックを許したものの、6-5で迎えた第12ゲームで再びブレークを奪い20歳のキツマノビッチを1時間35分で下した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトでナダルは「彼(キツマノビッチ)は非常に危険な選手。若くて、大きな力がある。第1セットで僕は素晴らしいテニスができたと思う。それは重要なニュース。自信を与えてくれるものだ」とコメントした。

「第2セットでブレークバックされたのは事実だが、それ以外は良い試合が出来たと思う。1回戦に比べて大幅に改善した。ポジティブなものだし、プレーにも、結果にも満足している。明日の準備をしたい」

レッドクレーのサーフェスで行われた同大会2013年以来7年ぶり3度目の優勝を狙う33歳のナダルは、準々決勝で世界ランク76位のクォン・スンウ(韓国)と対戦する。22歳のクォンは2回戦で第8シードのD・ラヨビッチ(セルビア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第3シードのS・ワウリンカ(スイス)、第5シードのJ・イズナー(アメリカ)、第7シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)らが8強へ駒を進めたものの、第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第4シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)は姿を消している。

敗れた20歳のキツマノビッチは大会初のベスト8入りとはならなかった。

最終更新:2/27(木) 19:33
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ