ここから本文です

トヨタSUV風「エティオスクロス」 オフロード感満載のカッコいいヤツ

2/27(木) 10:30配信

くるまのニュース

「エティオスクロス」は日本でも売れるかも?

 最近の新車新車では、見た目にSUVやオフロード車のテイストを盛り込んだモデルが続々と登場。そんななか、トヨタのクロスオーバー「エティオスクロス」は、オフロード感満載のモデルです。

【画像】アリかも! SUV風な「エティオスクロス」を見る!(9枚)

 このエティオスクロスは、ブラジルトヨタのソロカバ工場で生産されている「エティオス(セダン/ハッチバック)」をベースとして、2013年11月に登場。おもにブラジルやインドなどで販売されています。

 フロントデザインは、フロントグリル、シルバーグリルガード、強力なフォグランプ、統合されたインジケーターなど採用し、リアにも大型ガーニッシュ、立体感あるエンブレム、ルーフスポイラーがスポーティさに加えオフロード感を演出。

 また、サイド面では印象的なサイドクラッディングとクールなダイヤモンドカットがエティオスクロスの個性を際立たせています。

 ボディサイズは、全長3895mm×全幅1735mmx全高1555mm、ホイールベース2460mmと、全長4mを切る点などトヨタ「ライズ」と同等のサイズ感です。

 パワートレインは、ガソリン車(1.2リッター/1.5リッター)、ディーゼル車(1.3リッター)の3種類となり、トランスミッションは5速MTのみとなります。

 インド市場では地域によって価格が異なります。首都デリーの場合日本円で100万318円から123万4238円です。

 日本市場では、全長4mを切る前出のライズ、ダイハツ「ロッキー」をはじめ、トヨタ「C-HR」、ホンダ「ヴェゼル」、マツダ「CX-3」などコンパクトSUVは人気なうえ、エティオスクロスほどのオフロード感を持つモデルが存在しないことから、日本市場に導入されれば一定数の販売は見込めるかもしれません。

くるまのニュース編集部

最終更新:2/27(木) 12:39
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ