ここから本文です

岐阜退団の元ニュージーランド代表FWライアン・デ・フリースがアイルランド1部クラブに加入

2/27(木) 11:11配信

超WORLDサッカー!

アイルランド1部リーグのスライゴ・ローヴァーズは25日、元ニュージーランド代表FWライアン・デ・フリース(28)を獲得したことを発表した。国際移籍証明書と労働許可書を待っている状況とのことだ。

【まとめ】J1、J2、J3リーグ最新移籍情報を網羅!

ライアン・デ・フリースは、ワイタケレ・ユナイテッドやベントリー・グリーンズ、オークランド・シティなどニュージーランドの複数クラブでプレーし、2018年にFC岐阜へ加入した。

1年目から背番号10を背負うと、2019シーズンは明治安田生命J2リーグで27試合4得点を記録。しかし、チームはJ3へと降格し、2020年1月に契約満了により退団することが発表されていた。Jリーグでは、2シーズンを過ごし、J2リーグで53試合8得点、天皇杯で1試合に出場していた。

リアム・バックリー監督は「彼は素早く、強く、良いフィジカルがあり、タッチも繊細で、ゴールを決めているのがわかる。ニュージーランドの人とも話をしたが、彼らは我々のリーグにフィットし、上手くいくと考えているようだ」とコメント。ライアン・デ・フリースを評価している。

スライゴ・ローヴァーズは、アイルランド・プレミアリーグに所属。開幕したばかりの新シーズンは3試合で3連敗とスタートに失敗。「労働許可を取得する必要がある。少し時間はかかるが、できるだけ早く参加してもらいたい」とバックリー監督は期待を寄せているようだ。

超WORLDサッカー!

最終更新:2/27(木) 11:11
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ