ここから本文です

SBK:開幕前に知っておきたい基礎知識「2020年シーズン各マシンのエンジン上限回転数は?」

2/27(木) 11:20配信

オートスポーツweb

 2月28日~3月1日にオーストラリアのフィリップ・アイランド・サーキットで2020年シーズンの開幕戦を迎える、スーパーバイク世界選手権(SBK)。開幕戦直前に、SBKのおおまかなレースウイークの流れや2020年シーズンの回転数上限について、確認しておこう。

【写真】2020年シーズンSBKにフル参戦する高橋巧

 2020年シーズンのSBKは、開幕戦オーストラリアラウンドを皮切りに10月の最終戦アルゼンチンラウンドまで、全13戦の開催が予定されている。

 今季はトップライダーたちがシャッフルされ、チャンピオンのジョナサン・レイを擁するカワサキ・レーシングチーム・ワールドSBKにはアレックス・ロウズが加入。空いたパタ・ヤマハ・ワールドSBKオフィシャルチームの一席にはトプラク・ラズガットリオグルが収まり、Aruba.it レーシング-ドゥカティはブリティッシュスーパーバイク選手権(BSB)からコンバートしたスコット・レディングが加わった。

 また、ホンダの18年ぶりワークス体制での参戦も、大きく注目を集めている。ホンダのファクトリーチームであるTeam HRCのライダーには、2019年シーズン、MotoGPからSBKに戦いの場を移してランキング2位を獲得したアルバロ・バウティスタ、そしてカワサキ・レーシングチーム・ワールドSBKから移籍したレオン・ハスラムが起用された。サテライトチームのMIE Racing Althea Honda Teamからは、全日本ロードレース選手権でホンダのエースとして活躍を収めてきた高橋巧が参戦する。

■市販車ベースのSBKマシン
 SBKはどんなマシンで争われているのか。基本をおさらいしてみよう。SBKを戦うマシンは、市販車をベースにしたもの。排気量の定めは気筒数によって違っていて、4ストローク3気筒または4気筒マシンの場合、排気量は750ccから1000cc、2気筒の場合は850ccから1200ccとなっている。

 2020年の参戦マシンについて具体的に見ていくと主に、カワサキはZX-10RR、ドゥカティはパニガーレV4 R、ヤマハはマイナーチェンジされた2020年型YZF-R1、BMWはBMW S1000RR。そしてホンダは、2019年のEICMAでお披露目されたCBR1000RR-R Fireblade SPでの参戦だ。

■2020年シーズンのエンジン上限回転数について
 SBKは、エンジンの上限回転数がレギュレーションで定められている。これはレースを公平にすることを目的としており、そのために3戦ごとに250rpm単位で調整が行われる可能性がある。

 2019年シーズン中には、ドゥカティ(当時)のバウティスタがシーズン序盤に連勝。第3戦終了後、パニガーレV4 Rのエンジン上限回転数が250rpm引き下げられた。一方このとき、苦戦を強いられていたホンダの上限回転数が500rpm、引き上げられている。特定のライダーやメーカーの独走を抑止し、レース、チャンピオンシップとして競り合いを演出するための策、というところだろう。ただ、そんな中でもレイ&カワサキが5連覇を成し遂げている。

 2020年シーズンのエンジン上限回転数は以下のとおり。

アプリリア:14700
BMW:14950
BMW 2019:14900
ドゥカティ V2:12400
ドゥカティ V4:16100
ホンダ(SC77):15050
ホンダ(SC82):15600
カワサキ:14600
MV アグスタ:14950
スズキ:14900
ヤマハ:14950

 エンジンの基本設計が変わらなければ、上限回転数は前年のものが適用される。よって、ドゥカティのV4(パニガーレV4 R)やカワサキ(ZX-10RR)などは2019年シーズンから変わっていない。一方、今季から新たに投入されるCBR1000RR-R Fireblade SPを指すホンダ(SC82)は、レギュレーションに沿った市販車状態に基づく測定方式により、新しい上限回転数が15600とされている。

 また、ヤマハのYZF-R1も昨年よりも250rpm引き上げられている。これについては、FIMが開幕時の上限回転数について発表した際の文言を以下に引用したい。『エンジンがEU4の法律に合わせて増加方向へと刷新されたYZF-R1(M)は、2019年シーズン以降のパフォーマンス・バランシング・アルゴリズムに基づく回転数制限がある』。パフォーマンス・バランシング・アルゴリズムについての詳細な表記はないが、マイナーチェンジによりエンジン性能が変更されたため、YZF-R1の上限回転数は2019年シーズンのものを踏襲していない、ということのようだ。

■レースウイークの流れ
 SBKのレースウイークの流れは、MotoGPなどと少々異なっている。開幕前に、その流れを確認しておこう。週末のスケジュールについては、2019年シーズンからの変更はない。金曜日にフリー走行1回目、2回目が行われ、土曜日にはフリー走行3回目がある。その後、SBKの予選『スーパーポール』を実施。スーパーポールでは、レース1とスーパーポール・レースのグリッドが決定され、続いてレース1が行われるという流れだ。

 日曜日はスーパーポール・レースとレース2の開催。SBKでは週末をとおして、レース1、スーパーポール・レース、レース2の3レースが行われる。ただし、スーパーポール・レースは周回数10周の超スプリントである。レース1とレース2のレース距離、および周回数はラウンドごとに異なって設定されているが、レギュレーションには85km~110kmと設定されており、2019年ベースで計算すると、1レースあたりの平均周回数は約20.6周、平均距離は約92.0295kmとなっている。

 レース2はこのスーパーポール・レースの結果によってグリッドが決まる。なのだが、少しだけ仕組みが複雑だ。スーパーポール・レースの上位9位までの結果がそのままレース2のグリッド順となり、10番手以降のグリッドは、土曜に行われたスーパーポールの結果が反映される……となっている。つまり、スーパーポール・レースで10位以下のポジションでフィニッシュした場合、レース2でのグリッドに変更はないというわけだ。

 今週末に開幕を迎える2020年シーズンのSBK。今季はトップライダーたちがシャッフルし、ホンダのワークス体制での参戦、日本人ライダー高橋巧がフル参戦と話題が豊富。開幕戦オーストラリアラウンドから、この市販車ベースのマシンで争われる最高峰のレースに注目だ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:2/27(木) 17:32
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ