ここから本文です

アトレティコに約144万円の罰金処分…昨年のバルサ戦でグリーズマンに攻撃的チャント

2/27(木) 17:48配信

SOCCER KING

 2019年12月1日に行われたリーガ・エスパニョーラ第15節・バルセロナ戦の試合中にサポーターが攻撃的なチャントを行ったとして、アトレティコ・マドリードがスペインサッカー連盟から12,000ユーロ(約144万円)の罰金を科された。27日に、アメリカメディア『ユーロスポーツ』が報じている。

 試合中にアトレティコサポーターの標的となったのは、バルセロナのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンだ。今シーズン開幕前にアトレティコからバルセロナに移籍したグリーズマンだったが、退団の仕方に一部のアトレティコサポーターが反発。リーグ戦で両クラブが対戦する際に、サポーターがグリーズマンにどのような反応を示すかが注目されていた。

 アトレティコの本拠地『エスタディオ・ワンダ・メトロポリターノ』で行われた第15節・バルセロナ戦において、アトレティコの一部サポーターはグリーズマンに対して非常に攻撃的なチャントを繰り返したという。審判の報告書にはチャントについての言及はなかったものの、リーガ・エスパニョーラ側からの報告で今回の罰金処分が下された。

 

SOCCER KING

最終更新:2/27(木) 17:48
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ