ここから本文です

ウォルマート、英食品小売りアズダの一部株式売却を検討-複数が関心

2/27(木) 4:31配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 小売り最大手の米ウォルマートは傘下の英食品小売りアズダについて、保有株の一部売却を検討している。事情について知る複数の関係者が明らかにした。複数の投資家が株式取得に関心を示しているという。アズダを巡っては約1年前、英同業Jセインズベリーとの合併計画が英当局の反対で破談となっていた。

同関係者らによれば、アズダ株の取得にはプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社などが関心を寄せている。関係者らは、情報が非公開だとして匿名を条件に語った。ウォルマートはアドバイザーと協議しており、最近になって株式売却のプロセスを正式に開始したという。

関係者の1人によると、売却で合意した場合でもウォルマートはアズダのかなりの少数株を保持し続ける計画。ウォルマートとアズダは文書で、複数からの打診を受けて、第三者によるアズダへの投資の機会があるかどうか検討していると認めた。

両社はブルームバーグの質問に電子メールで回答。ウォルマートとアズダは「関心を寄せている少数の当事者と協議している」とした上で、最終決定はなされておらず、新規株式公開(IPO)がアズダにとって魅力的な長期目標の1つだとウォルマートは「確信している」と記した。

原題:Walmart Explores Selling Stake in U.K. Grocery Business Asda (1)(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Dinesh Nair, David Hellier

最終更新:2/27(木) 4:31
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事