ここから本文です

<新型肺炎>全小中高、休校へ「突然で驚き」「確認する」 県公立高校入試に影響の可能性

2/28(金) 8:27配信

埼玉新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り安倍晋三首相が全国の小中高校や特別支援学校を臨時休校にするよう要請すると述べたことを受け、小松弥生埼玉県教育長は27日、「まだ正式な要請については来ていない。まずは文部科学省に状況を確認の上、適切に対応したい」とコメントした。

<新型肺炎>卒業式、入学式は「時間短縮」「人数制限」 川越市教委が決定 部活動は練習試合など中止

 県公立高校入試の日程では、一部の学校で3月2日に実技検査や面接、9日に合格発表が行われる。県高校教育指導課は「実技などの実施の在り方に影響が出る可能性がある」と話した。

 また、県内の私立学校を管轄する学事課には、報道を受けて、複数の学校から問い合わせがあったという。同課は「具体的な内容は県に対して国から通知があると思う」とし、通知を受けた上で各学校に説明などを行う考えを示した。

 さいたま市教育委員会の細田真由美教育長は「突然のことで驚いておりますが、早急に対応します」とコメントを発表した。

 市教委によると、27日午後の報道で首相による臨時休校要請の情報を覚知。その直後から、市教委事務局内で学校を臨時休校した場合に必要な対応や課題について協議している。

 同市立学校は小学校104校、中学校58校、高校4校、特別支援学校2校の計168校。

最終更新:2/28(金) 8:27
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事