ここから本文です

<成田凌>今秋朝ドラ「おちょやん」でヒロイン夫役 5度目共演の杉咲花「心強いです」

2/28(金) 14:00配信

MANTANWEB

 俳優の成田凌さんが、女優の杉咲花さん主演で今秋から放送のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」に出演することが2月28日、明らかになった。ヒロインの千代(杉咲さん)と結婚する“喜劇界のプリンス”天海一平(あまみ・いっぺい)役。杉咲さんとは5度目の共演となる。

【写真特集】今から7年前! 杉咲花が初々しくて… 照れた表情が可愛すぎてヤバい!!

 成田さん演じる天海一平は、人気喜劇一座の座長・天海天海の息子。幼い頃から子役として、いやいや役者をやっていたが、やがて自分が目指す新しい喜劇を作ることに目覚めていく。千代とともに新しく生まれた「鶴亀家庭劇」に参加。やがて2人は結婚し、二人三脚で奮闘する。

 杉咲さんは成田さんについて、「千代にとって、生涯良くも悪くも、とてつもなく大きな存在になるであろう天海一平を演じられる成田さんとは今回で5回目の共演ということもあり、とても心強いです」とコメント。また、トータス松本さん、宮澤エマさん、篠原涼子さんらの出演も発表され、「最後まで楽しい撮影現場になるように、そしてなによりすてきな作品をお届けできるように、皆さんと力を合わせて頑張ってまいりたいと思います!」と気持ちを新たにしていた。

 103作目の連続テレビ小説となる「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生がモデル。浪花さんは戦前、「松竹新喜劇」の前身である「松竹家庭劇」に参加し、二代目の渋谷天外さんと結婚。喜劇女優としての道を歩んだ人物。戦後、「松竹新喜劇」に参加。離婚後、一時女優をやめるが、NHK大阪のラジオドラマで復活。その後、「大阪のお母さん」として映画やテレビで活躍した。今回のドラマでは実在の人物をモデルにするが、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く。

 杉咲さん扮(ふん)する主人公の千代は、明治の末に大阪・南河内の貧しい家に生まれ、9歳で道頓堀の芝居茶屋に女中奉公に出される。多くの芝居小屋が立ち並ぶ街で、華やかな芝居の世界に魅せられた千代は、自らも女優を目指すようになる。そして喜劇界のプリンス、天海一平と出会い、妻になるとともに喜劇女優としても花開いていくが、戦争などの不幸が重なって女優を一時引退。しかしあるラジオドラマをきっかけに奇跡の復活を遂げる……というストーリー。

最終更新:2/28(金) 14:22
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事