ここから本文です

メルセデス、テスト最終日に2度目のエンジン交換。前日トラブルのPUは調査へ

2/28(金) 19:33配信

motorsport.com 日本版

 メルセデスは、スペインのカタルニア・サーキットで行なわれているF1プレシーズンテスト後半の最終日を前に、2度目のエンジン交換を実施した。

【ギャラリー】開幕に向け準備着々! F1プレシーズンテスト2回目

 27日(木)午後の走行を担当したルイス・ハミルトンは、油圧システムの異常でエンジンを止め、わずか14周でこの日の走行を終えることになった。

 メルセデスはパワーユニット(PU)を取り外し、エンジン開発の拠点であるブリックスワースに送ってトラブルの原因を調べることにした。そのため、メルセデスはテスト最終日を前に、PUを交換する必要が生じた。

 プレシーズンテストの前半では、バルテリ・ボッタスが走行中にトラブルが発生。チームはそのPUを修理し再使用したと理解されている。

 メルセデスのカスタマーチームであるウイリアムズも、プレシーズンテストで信頼性トラブルが相次ぎ、計3基のエンジンを使用しているのは、メルセデスにとって頭痛の種になっている。

 ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、問題がオイルシステムに関連していると示唆していた。したがって両チームで同様のトラブルが起きている可能性がある。

「ああ、オイルシステムの問題と関係がある。言うまでもなく、僕たちはテストでは同じクルマを走らせているんだ」と、ラッセルは語った。

「残念ながら、テストでふたつの問題が起きたため、かなりの周回が犠牲になった。そのせいでプログラムがかなり詰まっていることを意味する。僕たちはテストを最大限に活用する必要がある」

Jonathan Noble

最終更新:2/28(金) 19:34
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ