ここから本文です

「テラハ」西野入流佳、地上波ドラマ初出演!山本美月と共演

2/28(金) 16:00配信

シネマトゥデイ

 恋愛リアリティー番組「TERRACE HOUSE TOKYO2019-2020」の初期メンバーとして知られる西野入流佳(にしのいり・るか)が、3月31日放送のスペシャルドラマ「U-NEXT presents あと3回、君に会える」(カンテレ・フジテレビ系全国ネット・夜9時30分~11時24分)に出演することが28日、明らかになった。西野入が演じるのは主人公(山本美月)行きつけのバルの店員・玲央で、地上波ドラマは初挑戦となる。

【写真】流佳と同居していた漫画家の「テラハ」メンバー

 本作は、小さな映像制作会社に務める主人公・玉木楓(山本)と、キッチンカーの短期アルバイトとして働くシェフ・征史郎(眞栄田郷敦)の恋を描くラブストーリー。脚本をドラマ「凪のお暇」(2019)などの大島里美、演出を映画『サヨナラまでの30分』で大島と組んだ萩原健太郎が務める。本作放送直後に、征史郎目線で描かれる約90分のアナザーストーリー「U-NEXT presents 君と会えた10+3回(じゅうとさんかい)」が動画配信サービス「U-NEXT」で独占配信される。

 現在21歳の西野入は、2019年4月から10月にかけて「テラスハウス」に入居。当時はスポーツショップのムラサキスポーツに勤務しながら、アメコミのヒーローにあこがれていることをメンバーに明かし、英会話にも奮闘。端正な顔立ちと女の子と話すだけで赤面してしまうピュアさで人気を博し、スタジオメンバーであるトリンドル玲奈も魅了していた。

 西野入はドラマ初出演に「初めて聞いた時は驚きました。オファーを頂いた事はもちろんですが、大島里美さん(脚本)の作品を見た事があったので、その方の作品に出られる事にも驚きました。初めて出演させて頂く地上波の作品がこの作品でとてもうれしいです。当日は現場の緊張感に負けないように、今から意識を強く持って頑張りたいです」とコメント。

 また劇中、西野入がテラスハウス時代に作った名物料理が登場する場面もあると言い「玲央のような店員になったら、そのお店の看板メニューとして カルボッコリーパスタ(カルボナーラとブロッコリーパスタ)を作りたいです(笑)」と紹介している。

 なお、ドラマのタイトルにちなんだ、もし相手と会える回数が「あと3回」と見えてしまったら? という質問には「多分まず始めに数字の事を相手に話してしまうと思います。そして出来るだけ長く、会える時間は一緒にいて、長く会えない時間はLINEをします!」と想像を巡らせていた。(編集部・石井百合子)

最終更新:2/28(金) 16:00
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ