ここから本文です

1月の求人倍率1.49倍に低下 届け出項目が増加、募集鈍る

2/28(金) 9:15配信

共同通信

 厚生労働省が28日発表した1月の有効求人倍率(季節調整値)は1.49倍で、1.57倍だった前月から0.08ポイント低下した。1.50倍を下回るのは2年8カ月ぶり。

 新規求人数が大幅に減少したことが要因だが、厚労省は「1月から求人票の記載項目が増えたため、昨年12月に駆け込みで募集したり、1月の募集を見送ったりした企業が多い」と分析した。

 総務省が28日発表した1月の完全失業率(季節調整値)は2.4%で、前月より0.2ポイント悪化した。男性は2.4%、女性は2.2%だった。完全失業者数は前年同月比7万人減の159万人。

最終更新:2/28(金) 9:26
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事