ここから本文です

ハリソン・フォードが明かす、“相棒”チューバッカと名犬バックの魅力

2/28(金) 16:08配信

MusicVoice

 『野性の呼び声』(2月28日公開)で主演を務めるハリソン・フォードが、本作の名犬バックと、彼の代表作でもある「SW」シリーズの相棒チューバッカの魅力を明らかにした。

 アメリカを代表する作家、ジャック・ロンドンの世界的名作冒険小説をもと実写化した本作は、生きる希望を失くした一人の男と、傷ついた一匹の犬が、大自然と闘いながらお互いの絆を深め、再び命の炎を燃やしてゆく感動の物語。

 そんな本作でハリソン演じる主人公ソーントンのバディとなるのは、犬のバック。バックは裕福な家庭から連れ去られ、人間達にひどい仕打ちを受けながらも、犬ぞりのリーダーへと成長していく名犬だ。

 ハリソンが出演する「SW」シリーズでは、ウーキー族のチューバッカという相棒がいたが、ハリソンは「チューイは素晴らしいキャラクターで、映画を楽しむ人々にとても賞賛され、愛されているよね。本作のバックも素晴らしいよ。バックは現実に存在しないが、僕らの人生に影響をもたらしうるストーリーの中に存在している。物語の中でバックが、人生の希望や、美徳、挑戦することや障害を乗り越えることについて教えてくれるキャラクターなんだ」と語り、永遠の相棒、チューイを引き合いに出しながら、新たなバディを組んだバックの魅力を語った。

 「SW」シリーズで彼が演じた孤高のアウトロー、ハン・ソロはチューバッカを過酷な労働から救い出し、共に銀河を駆け巡る。幾多の危機を乗り越え、お互いに熱い友情と信頼で結びついた二人のやりとりは絶妙で、正に映画史に名を遺す名バディと言っても過言ではない。

 本作のバックも、チューバッカと同様にハリソン演じるソーントンから人間に傷つけられそうになっていたところを救出され、冒険を共にすることとなる。ハリソンには、言葉の壁を越えた“絆”を結ぶための、何か秘策があるのかもしれない。

 そんな新たな名バディの物語を生み出したのは、ディズニー・アニメーション『美女と野獣』や『アラジン』など、数々の名作を生み出してきたクリス・サンダース監督。クリス監督は、バックがソーントンにもたらす影響について「ソーントンは愛する息子を失い、世間から自分自身を閉ざしてしまっているところがある。傷ついてしまった人生の中で、偶然彼はバックと出会うんだ。バックが彼の中から引っ張り出してくれたのは、とても美しいものだった。自身の物語の最後にたどりついたソーントンは、彼自身が救われたと感じるんだ」と語り、実はソーントンの人生を大きく変えるかけがえのない存在であることを明かした。

 大人気のキャラクターチューバッカに次ぐハリソンの相棒バックの魅力が明かされた今、ソーントンとバックも新たな名バディとして映画史に名を刻むことだろう。

◎写真
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
ディズニーデラックスで配信中
(c) 2016 & TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

最終更新:2/28(金) 19:24
MusicVoice

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事