ここから本文です

九州で24時間に100ミリを超える雨 雨雲は東へ

2/29(土) 10:47配信

tenki.jp

29日(土)明け方は、九州南部を中心に発達した雨雲がかかりました。鹿児島県枕崎市では3時48分までの1時間に38.0ミリの激しい雨を観測し、10時までの24時間降水量は、101.1ミリとなりました。

29日(土)朝にかけて、低気圧が九州付近を通り、低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込みました。明け方は、九州南部を中心に発達した雨雲がかかり、鹿児島県枕崎市では3時48分までの1時間に38.0ミリの激しい雨を観測。10時までの24時間降水量は、101.1ミリとなりました。

低気圧は夜にかけて本州の南をゆっくり東進するでしょう。四国を中心に雨雲がかかっています。

近畿では、太平洋側は昼過ぎから広く雨が降るでしょう。東海も、早い所は昼過ぎから雨雲がかかり、夜は広く雨が降る見込みです。関東では、夜に沿岸部で雨が降る所があるでしょう。雨雲は特に発達することなく、強い雨が降ることはなさそうです。

日本気象協会 本社 日直主任

最終更新:2/29(土) 10:47
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ