ここから本文です

スペイン3大クラブでプレーした元MF「スペイン勢がCLを勝ち取ることはない」

2/29(土) 7:20配信

SPORT.es

ベルント・シュスターは、スペインの3大チームであるFCバルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーのシャツを着た数少ない選手の1人である。そのため、彼がスペイン勢のチャンピオンズリーグ制覇を信じていないのは驚くべきことだ。

「メッシに依存」...伊の名将カペッロがバルサの戦略を批判

シュスターは、インタビューで今シーズンのバルサとマドリーの両チームについて意見した。

「一般的に、今シーズンの彼らは怠けている。かなり弱々しく、スペインのチームがチャンピオンズリーグを勝ち取ることはないと思う。少し前まで我々はバイエルン・ミュンヘンを信じていなかったが、現状の彼らを見ると、とても良いね」

レアル・マドリ―がマンチェスター・シティを破りヨーロッパを勝ち上がるには、「数年前から9番が欠けている。クリスティアーノがチームを去ってからだ」と得点力の著しい低下を主張。

シティはベルナベウでマドリーを破り、シュスターはペップ・グアルディオラが選手交代でチームを改善したと考えている。
「多くの点で、前半は戦術的で、失点を防ぎ、1-0となってからはマドリ―が勝つと思った。しかし、ベンチに多くの選択肢を残していたシティは、交代で試合を有利に進めた」

ジダンが特に効果のない交代をした間に、シティはスターリングが出場し、決定的な働きをした。

シュスターは、今回のクラシコは「リーガの行方を左右するものであり、皆が見たいと思っている」と述べ、スケジュールが変更になった前回のクラシコは、「引き分けが妥当」だと考えていたが、今回の予想は、「ホームアドバンテージがあるレアル・マドリーがやや有利な展開となる」と述べている。

SPORT

最終更新:2/29(土) 7:20
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ