ここから本文です

【会見要約】安倍首相「東京五輪は開催に向け準備」新型コロナ、対応は

2/29(土) 19:50配信

BuzzFeed Japan

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、安倍晋三首相は2月29日午後6時から会見を開き「これから1、2週間が急速に拡大が進むか、終息に向かうかの瀬戸際」とし、「必要な措置は躊躇なく実施していく」と話した。

27日には、全国の小中学校、高校、特別支援学校に対しては、3月2日の月曜日から春休みまで臨時休校するよう、要請していた。【 BuzzFeed Japan / 冨田すみれ子 】

臨時休校「断腸の思い」

2月27日に発表された、全国の小中学校、高校、特別支援学校に対しては、「子どもたちにとって3月は進学、卒業前の大切な時期です。思い出をつくる時期に、断腸の思いです」と話した。

また、「万が一、学校において子どもたちへの集団感染というような事態をおこしてはならない」「子供たちの健康を第一に」と休校の必要性を訴えた。

「親御さんにはご負担をおかけいたします。とりわけ小さなお子さんをお持ちのご家庭には本当に大変なご負担をおかけすることになります」とし、「企業の方には、お子さんがいらっしゃる方への配慮をお願いします」と呼びかけた。

また、日頃から人手不足に悩む中小企業や、介護・保育関係者には、「お詫びをいたします」とし、小さな子どもを預かれるよう「国として全力で支援していく」とした。

終始、左右の透明なパネル「プロンプター」に映された原稿を読み上げた形での会見だった。

正規・非正規問わず支援していく

また、臨時休業やコロナウイルスの影響で収入減などとなる労働者の状況に対しては、このように述べた。

「保護者の方々の休職などは、新しい助成金制度を作ることで、正規・非正規を問わず支援していきます」

「2700億円を超える予備費を活用し、第二弾となる緊急対策を今後10日程度のうちにすみやかに取りまとめます」

また「必要な立法措置を早急に進める」とも話した。

コロナウイルスの影響で、海外からの観光客の減少し各地の観光地が打撃を受けていることや、工場の生産ラインなどにも影響が出ていることにも触れ、「特例的に1月までさかのぼって支援を実施します」とし、「地域経済に与える影響にしっかりと対策を講じます」と述べた。

株価の下落など経済への打撃に対しても、詳細は述べなかったが「経済財政政策を行ってまいります」とした。

1/2ページ

最終更新:2/29(土) 19:50
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事