ここから本文です

「SBI地方創生アセットマネジメント」運用資産残高1800億円を突破、1月に単月黒字を達成

3/2(月) 11:30配信

MONEYzine

 SBIホールディングスは、地域金融機関の顧客の預かり資産ビジネスの支援と自己資金の有価証券運用の強化を目的に、資産運用会社「SBI地方創生アセットマネジメント」を地域金融機関各行との共同出資で設立。2018年12月に営業を開始した。SBIホールディングスは2月28日、新たに北海道銀行がSBI地方創生アセットマネジメントに出資参加することを発表。出資参加銀行は合計38行になった。

 SBI地方創生アセットマネジメントは、営業開始から1年2か月で運用資産残高が1,800億円を突破。2020年1月には単月黒字を達成している。

最終更新:3/2(月) 11:30
MONEYzine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事