ここから本文です

【シンガポール】山田コンサル、地場同業と業務提携

3/2(月) 11:31配信

NNA

 総合コンサルティング企業の山田コンサルティンググループ(東京都千代田区、YCG)は2月28日、シンガポール取引所(SGX)カタリスト市場上場の同業ZICOホールディングス(本社・マレーシア)と業務提携すると発表した。日系企業による東南アジアでの合併・買収(M&A)のニーズに応えるのが狙い。4月1日からの提携開始を予定している。

 2月28日付で基本合意書を締結した。ZICO傘下の2社とも提携する。YCGシンガポール支店を中心に、各国のコンサルタントと連携しながら協業する。

 ZICOホールディングスは2010年設立で、シンガポールとマレーシアを中心に、東南アジア全域にネットワークを持つ。インドネシア、ラオス、ミャンマーには現地法人も置き、従業員数は5カ国合計で約140人だ。もともと法律事務所が出身母体のため、コンサルタントには弁護士も多く、特に法務・財務に強いという。

 YCGシンガポール支店の坂野豪支店長によると、YCGが現地化を模索する一方で、ZICOホールディングスは日系企業へのアクセスを高めたいと考えており、双方の思惑が一致した。ZICOが持つ「日本の資本を受け入れたい現地企業」とYCGが持つ「東南アジアに投資したい日系企業」を、協業を通してマッチングしていく考えだ。

 坂野支店長は「提携を通じて、東南アジアで日系企業のプレゼンスを高めるサポートをしていきたい」と意気込みを語った。

最終更新:3/27(金) 16:15
NNA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ