ここから本文です

エボラ治療薬「レムデシビル」 韓国でも新型コロナ患者に投与へ

3/3(火) 16:56配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】米製薬会社ギリアド・サイエンシズがエボラ出血熱の治療薬として開発した抗ウイルス薬「レムデシビル」が、韓国でも新型コロナウイルスの患者に投与できるようになった。

 製薬・バイオ業界によると、同社の韓国法人は2日、韓国食品医薬品安全処から中程度の症状の新型コロナウイルス患者にレムデシビルを投与する臨床試験(フェーズ3)の許可を得た。韓国で感染者が増加を続けているなか、許可は申請からわずか4日で下りた。

 これにより、韓国国内ではソウル医療院、慶北大病院、国立中央医療院で新型コロナウイルス患者へのレムデシビル投与が可能になる。レムデシビルはこれまで、中国や日本で新型コロナウイルス患者に試験的に投与されてきたが、韓国で処方されたケースはなかった。

Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.

最終更新:3/3(火) 16:56
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ