ここから本文です

平手友梨奈 女優に!不安乗り越え「新しい挑戦」1月に欅坂脱退 映画で再出発

3/4(水) 4:00配信

デイリースポーツ

 今年1月23日に欅坂46を電撃脱退した平手友梨奈(18)が、映画「さんかく窓の外側は夜」(10月30日公開)で、ヒロイン・ヒウラエリカ役を務めていることが3日、分かった。平手にとっては欅坂脱退後、初の個人仕事となる。脱退発表時には今後の仕事などについて一切を語らなかった平手だが、これまでの“本業”だった歌手ではなく、女優としてまずは第2の人生をスタートさせた。

 ファンや関係者の間にも、多くの“謎”を残して欅坂46を電撃脱退した平手。その復帰作には、発行部数100万部を超える人気漫画の初実写化という話題作が用意された。

 平手は「オファーをいただいた時、最初は本当に自分で大丈夫なのか、という不安が大きかったです」と心境を吐露。「でも、ヒウラエリカが抱える“想い”と、純粋にこのすてきな作品を届けたいと思いました。自分にとっても新しい挑戦ですし、監督と初めてお会いした時に、監督も新しい挑戦とおっしゃっていたことも、私の背中を押してくれたような気がします」と意欲を示した。

 同作は人気漫画家・ヤマシタトモコ氏(38)の作品で、俳優・岡田将生(30)と志尊淳(24)のW主演で映画化。2人が除霊を用いて事件を解決していくストーリーで、平手が演じるヒウラエリカは、一見普通の女子高生だが、実は強力なのろいの力の持ち主で、事件のキーパーソンとして重要な役割を果たす人物だ。

 平手にとっては18年9月公開の「響-HIBIKI-」以来、2年ぶり2度目の映画出演。ともに謎めいた女子高生という、ある意味“等身大”の役柄となった。撮影は脱退発表直前の1月中旬から始まり、2月で終了したという。

 メガホンを取った森ガキ侑大監督(37)は「ヒウラエリカという人物像を脚本打ち合わせしている時から、自然と平手さんとして作りあげていた自分がいました。もはや、平手さんしか考えられなかったです」と起用理由を説明。「平手さん、たくさんの映画の中でこの映画を選んでくれてありがとうございます」と感謝のコメントも。すべてを謎に包んだまま、人気絶頂のグループを去った平手が、1人の女優として新たな一歩を踏み出した。

最終更新:3/4(水) 4:00
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事