ここから本文です

「ドミノ爆牌」か「ピタゴラスイッチ」か 1つの打牌から鳴き→鳴き→鳴き→アガリのレアシーン/麻雀・Mリーグ

3/4(水) 11:31配信

AbemaTIMES

 大和証券Mリーグ2019・3月3日の1回戦、オーラスとなった南4局で、漫画のようなシーンが生まれた。

【映像】漫画のような鳴きの連鎖からのアガリ

 対局者は起家から赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)、セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)、U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)。

 南4局、朝倉は箱下ラスという苦戦した状態で親番を迎えていた。赤牌2枚入りの配牌をもらった朝倉は、セミファイナル進出争いを繰り広げていた園田にトップを取らせないことを念頭に置きながら、素点回復を狙っていた。そんな状況下、トップ目だった園田が3巡目に八万をポンし、タンヤオ仕掛けに出た。ツモが思うように伸びてこない朝倉も、下家の園田に鳴かせないよう打牌を選択しながら、負けじと6巡目から仕掛け出した。

 迎えた10巡目、園田が切った發を多井がポンし、打赤5索。これを朝倉がチーし、打赤5筒。これを園田がポンし、打三万で朝倉がロン。朝倉はタンヤオ・赤2で5800点を園田からアガり、トップ目から2着目に後退させることに成功した。

 このポン→チー→ポン→ロンという、鳴き→鳴き→鳴き→アガリというレアシーンは、アガった朝倉からではなく多井から始まった打牌ではあったが、まるで漫画家・片山まさゆき氏の人気作「ノーマーク爆牌党」に出てくる「ドミノ爆牌」を連想させた。「ドミノ爆牌」とは相手の余剰牌を読み切り、その余剰牌を狙ってポン・チーが連鎖した結果、最後に出てくる余剰牌でアガリをものにする、まるでドミノ倒しのようなアガリの名称。

 しかもこの鳴きの連鎖は、NHK・Eテレの子供番組「ピタゴラスイッチ」に出てくる様々なものが連動して動き、スイッチを押す「ピタゴラ装置」をも連想させ、視聴者コメント欄にも「ドミノ爆牌!」「まるでピタゴラスイッチ」といった言葉が並んでいた。【福山純生(雀聖アワー)】

【3月3日終了時点での成績】

1位 セガサミーフェニックス +486.3(88/90)
2位 渋谷ABEMAS +193.3(88/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +134.3(86/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +89.1(86/90)
5位 TEAM雷電 +61.4(86/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲215.2(88/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲235.7(88/90)
8位 EX風林火山 ▲533.5(86/90)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

最終更新:3/4(水) 11:31
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事