ここから本文です

北日本は大荒れに 猛ふぶきや大雪に警戒

3/5(木) 5:22配信

ウェザーマップ

 あす(6日・金)にかけて、北日本を中心に雪を伴った非常に強い風が吹き、大しけとなる見込み。暴風や高波、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害に警戒し、北海道では、大雪による交通障害にも警戒が必要となる。

 関東の東には低気圧があって北東に進んでおり、急速に発達しながら日本の東を北上し、夕方には釧路沖に進む。また、別の低気圧が日本海を東へ進み、昼頃には東北へ接近する見込み。
 北日本と東日本の上空およそ5000メートルには、-33℃以下の寒気が流れ込むため、日本付近はあすにかけて冬型の気圧配置が強まる予想だ。

<暴風雪・高波>

 急速に発達する低気圧の影響により、あすにかけて、北日本や北陸では非常に強い風が吹き、大しけとなる。北日本では雪を伴い、猛ふぶきとなる所がある見込み。
 暴風や高波、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害に警戒が必要だ。

<大雪>

 日本の東を北上する低気圧の影響で、北海道太平洋側やオホーツク海側を中心に降雪が強まり、大雪となる見込み。
 北海道では、大雪による交通障害に警戒し、湿った重たい雪となるため、電線や樹木等への着雪、農業施設等の管理にも注意が必要となる。

最終更新:3/5(木) 6:05
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事